“最強コンビ”岡田准一×木村文乃(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

 岡田准一主演の映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』(公開中)。原作となった『ザ・ファブル』が2019年11月の第1部終了から約1年8カ月の時を経て7月19日発売の『週刊ヤングマガジン』第34号(講談社)から第2部『ザ・ファブル The second contact』が連載スタートする。これに伴い、映画の未公開オフショットとクランクアップ写真が公開された。

 【写真】堤真一と平手友梨奈のクランクアップ写真

 主人公のファブルを演じただけでなく、ファイトコレオグラファーとしてアクション制作にも携わり、チーム「ファブル」を引っ張った岡田准一。そしてファブルの頼れる相棒・ヨウコとして、劇中では原作ファンも絶賛の超人気シーン、凄腕の殺し屋・鈴木(安藤政信)との肉弾戦タイマンバトルをスタイリッシュかつセクシーに魅せた木村文乃の「ファブル」を象徴する“最強コンビ”。

 劇中ではお笑い芸人・ジャッカル富岡のギャグでしか笑わない、ポーカーフェイスのファブルを演じた岡田の笑顔と、ヨウコ同様にお茶目な弾ける笑顔が印象的な木村、愛車のハコスカとのオフショットとなる。

 さらには、巨悪で裏では若者を残虐し金を巻き上げながらも、表では子供を守るNPO団体の代表を務める本作最大最狂の敵・宇津帆を演じた堤真一と、そんな宇津帆と行動を共にし、物語の鍵を握るヒロインのヒナコを演じた平手友梨奈。そんな二人が、表の顔であるNPO団体での仕事を終え、満面の笑みでのクランクアップ写真。堤も平手もスーツを纏い、メガホンをとった江口監督と笑顔で花束を抱えている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)