(C)横関大/講談社 (C)2021「劇場版 ルパンの娘」製作委員会

 深田恭子が主演する『劇場版 ルパンの娘』(10月15日公開)に登場する12人のキャラクタービジュアルが解禁となった。登場人物の個性が詰め込まれた存在感のあるビジュアルとなっている。

 【写真】解禁された深田恭子演じる三雲華のビジュアル

 今回、解禁されたキャラクタービジュアルは、12人の劇場版オリジナルのビジュアル。深田恭子演じる泥棒一家の娘・三雲華をはじめとした、お馴染みのレギュラーキャストに加え、映画スペシャルゲストとなる観月ありさ演じる三雲玲を加えたキャラクターが勢揃い。

 各キャラクターのイメージカラーで彩られたビジュアルは、それぞれの魅力的な特徴を「L」で表現し、撮り下ろされたオリジナルのポーズ。どこかで見覚えのあるようなあのポーズや、「ルパンの娘」ならではのポーズまで。もしかしたらこのLポーズに<Lの一族>最大の秘密が、隠されているかもしれない。

 伝説の泥棒一家・Lの一族の娘に生まれながらも普通の暮らしを夢みる、三雲華(深田恭子)は、本作のSNSでもお馴染みの“L“ポーズを披露。そんな華と禁断の恋に落ち、数々の障害を乗り越えながらも幸せに暮らす、警察一家の長男・和馬(瀬戸康史)は、警察官らしく拳銃をLに見立てて、凛々しい表情を見せる。

 名探偵一家の娘・北条美雲(橋本環奈)は、新しい探偵服を身に纏い、おじいさまの名に懸けて、Lの一族が関わったとみられる祖父の死の真相解明に挑む。そしてLの一族の美魔女すぎる母・悦子(小沢真珠)、一族の長男にして天才発明家・渉(栗原類)、一族の大黒柱・尊(渡部篤郎)らもそれぞれキャラクターに合わせたLポーズを披露。

 華と和馬の娘・杏(小畑乃々)は、テレビドラマ放送時にSNSを沸かせたあのポーズに全集中。そして、一族で唯一関西弁を話す、ちょっと変わったおばあちゃん・マツ(どんぐり)は、若者を中心に流行中のキュンですポーズで”L”を披露している。

 生涯現役の凄腕スリ師、華の祖父・巌(麿赤兒)と、和馬の祖父・和一(藤岡弘、)の最強おじいちゃんコンビも安定感抜群。さらに、本作の見どころの一つである、ミュージカルシーンの申し子。世界を股にかける泥棒・円城寺輝(大貫勇輔)は、得意のジャンプを華麗に披露。

 そして、一際ミステリアスな存在感を放つ人物、敵か味方か…もう一人のLの一族・三雲玲(観月ありさ)の姿も。彼女がどのようにLの一族と関わってくるのか、注目だ。

 なお、来たる夏休みへ向け、フジテレビ系列でのドラマ「ルパンの娘」リピート放送も決定している。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)