赤楚衛

 寺田心、杉咲花、大沢たかお、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、三池崇史監督が15日、都内で行われた映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(8月13日公開)完成披露試写会に登壇した。赤楚は、三池監督から妖怪になり切った姿を絶賛された。

 【写真】赤楚衛が扮する天邪鬼(等身大パネル)

 赤楚が演じるのは、天邪鬼。その役どころは、右腕についている顔を干して頭皮を食べるという恐ろしい妖怪。ビジュアルも怖い印象を受けるが、赤楚自身は「怖いのが苦手」という。

 撮影の合間にはよく寺田にいたずらを仕掛けられ「驚かしてくる。待機場で待機していると後ろから『ウワー』って」と明かすと、寺田は洞窟でのいたずらが楽しかったとし「赤楚さんはリアクションが良くて!」と笑顔。その赤楚は「怖いのが苦手だから驚かせると怖くて寿命が縮まる」と鬼ならぬ発言で笑いを誘っていた。

 赤楚については、三池監督が「皆さんどこか妖怪がしっくるしていて、自分の一部を投影して演じ切ってるのでパワーアップしている」と妖怪に扮したキャストを讃えつつ「赤楚さんはどこに出ているんだろうと思うぐらい、妖怪になり切っている。すごい役者です」と絶賛した。

赤楚衛。左は三浦貴大

 本作の主役は寺田心。数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺兄を演じる。監督は2005年版に引き続き三池崇史氏。製作総指揮に角川歴彦氏と荒俣宏氏が名を連ねる。誰もが知る有名妖怪を始め、映画オリジナルの妖怪、さらに今回は世界中のモンスターも加わる。

 主人公のケイを演じる寺田を取り巻く妖怪役に、杉咲花、そして大沢たかお。さらに大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子、赤楚衛二、SUMIRE、岡村隆史、遠藤憲一、石橋蓮司、HIKAKINなどが集結する。さらに平成版『妖怪大戦争』で主演を務めた神木隆之介も参戦する。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)