風間俊介

 風間俊介が12日、都内で行われた映画『鳩の撃退法』(8月27日公開)完成披露舞台挨拶に登壇した。

 第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』など佐藤正午氏の同名小説が原作。自宅のベランダに巣を作る鳩、騒音をまき散らす鳩など…鳩による攻撃に人類が立ち向かっていく様を描く。

 風間が演じるのは、家族と共に姿を消したバーのマスター・幸地秀吉。「何が現実なのか、何が虚構なのか、フワフワしたなかで撮影して奇妙な空気が楽しかった」

 主人公の天才作家・津田伸一を演じる藤原竜也とは初共演となる。「会って芝居できるのが楽しみにしていて、竜也くんはまくし立てるように喋って、私はマイペースに淡々と話す。この混じり合わない2人が、シンパシーを感じながらどこか違うペースで喋り続ける、今までにない芝居を楽しんでいました」と振り返った。

 初共演という2人だが、実は過去に電話口で“対面”したことがあったという。風間は当時の様子を「昔喋ったことがあって。友人と電話していたら、藤原君が代わってと。それで竜也君が出て『風間君か、ありがとう』と言って戻されて。いまだに謎」と笑った。

 「全く覚えていない」という藤原だが「話したかったんじゃないかな。『頑張ってるね』って」とするも「謎だった」と風間同様に笑っていた。

 この日は、藤原竜也、土屋太鳳、西野七瀬、タカハタ秀太監督も登壇した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)