土屋太鳳

 土屋太鳳が12日、都内で行われた映画『鳩の撃退法』(8月27日公開)完成披露舞台挨拶に登壇した。

 第157回直木賞受賞作『月の満ち欠け』など佐藤正午氏の同名小説が原作。自宅のベランダに巣を作る鳩、騒音をまき散らす鳩など…鳩による攻撃に人類が立ち向かっていく様を描く。

 土屋が演じるのは、藤原竜也が演じる天才作家・津田伸一の担当編集・鳥飼なほみ。憧れの藤原との共演に胸を躍らせる。

 「竜也さんの芝居を観て育ってきて、舞台のDVDも沢山見てきて。ドラマ撮影の隣のスタジオで映画の撮影をされている時に、握手して下さって。(その数年後)の打ち上げで『這い上がって来たね』と言われて、もっと這い上がろうと今ここ立っています」と目を輝かせた。

 本作での共演シーンはバーでのシチュエーションが多かったといい「竜也さんの掛け合いが多くて、竜也さんのセリフのスピード感が、私も目の前にいて舞台を観ているような感覚でハラハラして。そこが見どころの一つだと思います」と明かした。

 撮影は3月、富山県で長期ロケ。藤原に教えてもらったバーを撮影終わりに行ったところ「すでに座っていらして、またバーの撮影に戻って来たような感覚になりました」と笑いながら振り返った。

 これに藤原は「長期滞在だったのでどこかいい店はないかと見つけて、行きつけにしたんです。撮影が早く終わった時は、まだコロナ前だったので皆でお店に行って楽しい時間を過ごしました」と笑顔を見せていた。

 この日は、藤原竜也、風間俊介、西野七瀬、タカハタ秀太監督も登壇した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)