総長と副総長を演じた吉沢亮、山田裕貴

 北村匠海、山田裕貴、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太郎、吉沢亮が10日、都内で行われた『東京リベンジャーズ』(英勉監督)公開記念舞台挨拶に登壇した。

 【写真】吉沢演じるマイキーと、山田演じるドラケンの場面カット

 累計発行部数1000万部を超える和久井健さん人気コミックス『東京卍リベンジャーズ』の実写映画。10年後の未来で起こる最悪の事態を免れるため過去に戻り、リベンジに挑む主人公タケミチの姿と、その仲間たちの絆を描く。

 物語の鍵を握る「東京卍會」。それを率いる総長マイキーを吉沢亮。強烈な存在感を放つ副総長ドラケンを山田裕貴が演じる。この2人の名コンビも見どころだ。先日行われた完成報告会では、本作出演前から親交があったため、二人の関係性は自然に出来上がっていたとも明かしていた。

 それを物語るのが、マイキーの学ランをドラケンが拾い渡すシーンだ。吉沢はこの日、思い出深いシーンとしてそれを挙げ「エモい」と振り返った。

 吉沢「タケミッチ(タケミチ)の学校に乗り込んで、ケンチン(ドラケン)とボコボコにした後に、ケンチンが学ランを渡してくれて、それをノールックで取って。あれは打ち合わせも一切なしで自然と出来たんですよ。2人の関係性がめちゃくちゃ出てた」

 これに山田は「吉沢亮が密かに感じてくれていたと知り、今エモいです。ドラケンは拾いそうだなと思ったので自然と拾って。拾って良かった」と笑顔を見せた。

 その山田は、思い出深いシーンに、マイキーを挙げた。終盤に差し掛かり見せる素の表情。「あれはかっこいい」とすると、北村も「間近で見ていてあれはやばかった」。吉沢も「強がっていたマイキーが素に戻るシーン。ちょっとしたニュアンスの違いだけどギャップは意識しました」とその舞台裏を明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)