中村倫也

 神木隆之介、中村倫也、新木優子、ファーストサマーウイカ、上田慎一郎監督、ふくだみゆき監督が9日、アニメ映画『100日間生きたワニ』の公開初日舞台挨拶に登壇した。

 きくちゆうき氏の4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が原作。主人公のワニを神木隆之介、ワニの親友ネズミを中村倫也、ワニが憧れるセンパイを新木優子、イヌをファーストサマーウイカが演じた。

 トークでは、アフレコの様子などが語られるなかで、物語にちなみ「定期的に欲してしまうもの」を明かすことになった。

 ゲーム好きの神木が「コントローラーを持っていると無意識に指が動く。でも意識すると動かない。無意識を意識化すると人って分からなくなることを知った」と語ると、中村は「大変勉強になりました。深い話です。哲学です。禅問答です」と淡々と頷く。

 対して、中村が欲するものはバナナマンのコントライブだといい「好きで(映像作品が)家に全部あって。これを見たら次はこれと自然とディスクを入れたり。コントのセリフを聞いただけで次はこうだとわかっちゃう。自然と指が動いて、コントローラーも…いい話ですね」と神木のエピソードを再現。神木も「哲学、禅問答」とかぶせ、笑いを誘った。

 また、自身と似ている登場キャラクターを挙げる場面では、自身が演じたネズミを挙げ「どネズミです」。「どんなキャラクターなんだろうと考えもせず、行動原理がまんまだった」と自然に臨めたことを明かした。

 その中村はこの日、冒頭から“ワールド”全開。挨拶では「どうも、木村昴です」とこの日欠席した共演者の名前を挙げると、イベントの終盤、くす玉を割る掛け声のフレーズを、同じくこの日欠席した共演者「山田裕貴」にするなど終始、会場を和ませながら、欠席した共演者への想いものぞかせていた。

マスコット・ワニも登壇。去り際に、ワニの歯を掴む中村倫也

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)