メンバーのメッセージに感極まるラウール

 ラウール(Snow Man)、吉川愛、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美、神徳幸治監督が8日、都内で行われた映画『ハニーレモンソーダ』(9日公開)のイベント『公開前夜!「ハニレモ」しゅわきゅん』に登壇した。

 【写真】レモンに見立てたくす玉を割るラウールと吉川愛。共演者はクラッカーを放った

 村田真優氏の同名大ヒット少女コミックが原作。髪をレモン色の金髪に染め、基本的には塩対応だが、実は誰よりも優しい“レモンソーダ男子”の主人公・三浦界をラウールが演じる。

 本作が映画単独初出演にして初主演となるラウール。これまで登壇したイベントではまだ実感がないと語っていたが、この日も「ここに立っていることが不思議。撮影からずっとずっと不思議です。信じられません」と実感がない様子。それでも「きゅんきゅんサマーです」と掛け声を送るなどイベントを盛り上げた。

 共演者がその人柄を褒めるなかで、この日、サプライズが用意された。Snow Manのメンバーがビデオメッセージを寄せ、一人ずつラウールへの想いを語った。成長が目覚ましいと称えるとともに、メンバーもその人柄を褒めた。

 こうしたメンバーのメッセージビデオを、時に笑顔に、時に感慨深い表情で見るラウール。最後には目に涙を光らせ「本当に嬉しい。自分は幸せな人だなって思います。素晴らしい人に支えられていて、大切に生きよう。嬉しいな」と手で涙を拭い、感謝した。

 そのラウールに、ヒロインの石森羽花を演じた吉川愛も「最年少で映画初出演で初主演。現場を明るくしてくれたし、初めてなのかなと思うぐらい。私たちが支えられている感じでした」と称えた。

 その言葉に再び目に涙をためるラウールは「胸がいっぱい。幸せホルモンがいっぱい」と感謝した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)