直筆イラスト色紙をもらい笑顔の吉川愛とラウール (c) 2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 (c)村田真優/集英社

 ラウール(Snow Man)が主演、吉川愛がヒロインを務める『ハニーレモンソーダ』(7月9日公開)で、原作者・村田真優氏の描き下ろし色紙を持ったラウールと吉川愛のオフショットが公開された。また、一足先に映画を観た村田氏のコメントが到着した。

 「りぼん」(集英社)で連載中の原作コミック「ハニーレモンソーダ」は、クールで自由奔放、基本塩対応なのに学校の人気者・三浦界と、内気な自分から変わりたいと願うヒロイン・石森羽花のさわやかすぎる胸キュン青春ラブストーリーだ。

 そんな大人気コミックの原作者・村田真優氏が、映画『ハニーレモンソーダ』の撮影現場に訪問した。

 いつも塩対応だけど本当は誰よりも優しい、レモン色の髪がトレードマークのレモンソーダボーイ・界を演じたラウールと、中学生時代にいじめられていた自分を変えようと、不器用ながらも努力するダイヤモンドガール・羽花を演じた吉川愛に、それぞれのキャラクターを描いた直筆色紙をプレゼント。

 撮影現場でメインキャストと挨拶を交わした村田氏は「本当に全員ぴったり!イメージ通り」とお墨付きのコメント。色紙を受け取ったラウールと吉川の嬉しそうな表情から、サプライズプレゼントに大興奮の様子が伝わってくる。

 本編を鑑賞した村田氏は「どの場面を切り抜いても映像と役者さんたちが美しく、最初から最後まで怒涛の見せ場の連続で画面から一瞬も目を離せません」と絶賛している。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)