浅香航大

 林遣都(30)、中川大志(23)、大原櫻子(25)、浅香航大(28)、篠原哲雄監督(59)が3日、都内で映画『犬部!』(7月22日公開)完成披露イベントに登壇した。この日は、ミックスで保護犬出身のちえ、柴犬のきぃらも登場した。

 片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ社刊)を原案に映画化。青森県十和田市の北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代の、2つの時代を描く青春物語。

 教授の手伝いで実習用の動物を世話していた秋田智彦を演じる浅香航大は、劇中にも登場したサモエド犬のサモンと共に登壇した。

 動物相手の芝居を振り返り、「お芝居と言っても毎回同じことをやれるわけではないので新鮮でした。失敗も笑顔になれました」と振り返った。

 撮影は去年夏、青森県十和田市でオールロケ。「獣医学部もそうですが、ロケーションがとにかく素晴らしくて、冒頭から風景が綺麗。部活みたいな没入感がありました。そこで作り出されたものはロケーションのおかげでもありますし、動物も加わって気持ちのいい映画になっていると思います」。

 映画では、動物愛護や保護に触れている。「動物と触れ合っているのはすごく幸せだということを改めて感じました。動物の存在は素敵であることを身をもって経験しました」とし、その背景を知る機会になったと明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)