大原櫻子

 林遣都(30)、中川大志(23)、大原櫻子(25)、浅香航大(28)、篠原哲雄監督(59)が3日、都内で映画『犬部!』(7月22日公開)完成披露イベントに登壇した。この日は、ミックスで保護犬出身のちえ、柴犬のきぃらも登場した。

 片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ社刊)を原案に映画化。青森県十和田市の北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代の、2つの時代を描く青春物語。

 林遣都演じる主人公・花井颯太の心意気を慕う“猫好き”の佐備川よしみ役を演じた大原櫻子は、猫のミッツを抱きかかえて登壇した。

 もともと猫や犬が好きという大原。動物との芝居は「動物が身震いするお芝居や吠えるお芝居によって次のセリフが出てくる流れがあり、お芝居できない時は願って、それで何テイクか重ねたこときもありました」と難しい面もあった一方、助けられたとも明かした。

 撮影は去年夏、青森県十和田市でオールロケ。「沢山のワンちゃん、猫ちゃんと撮影して、十和田市の皆さんにも協力頂いて撮影しました。皆さん穏やかでいいお方ばかり。大変でしたが楽しく撮影しました」とした。

 更に「獣医学部の中も見させて頂きましたが、思った以上に動物園。牛の鳴き声なども聴こえてきて、大学というよりも動物園にいる気分でした」と明かすと、林らもうなずいた。

 撮影は、保護された犬や猫がいる場所でも行われた。「体に傷を負ったり、病気になっているワンちゃんがいるのは分かっていましたが、動物たちを生かそうとされている方がいて、その姿を目の当たりにしたときに、これまで動物を可愛いや好きという思いで見てきましたが、痛々しいところは無意識に背けてきたんだと思い、動物からもらった幸福感を改めて感じました。一匹も死なせない颯太の想いが身に染みて分かりました」と明かした。

 劇中で演じた佐備川よしみは“猫好き”。大原は「映画を見て猫愛が溢れたら」と呼びかけた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)