林遣都

 林遣都(30)、中川大志(23)、大原櫻子(25)、浅香航大(28)、篠原哲雄監督(59)が3日、都内で映画『犬部!』(7月22日公開)完成披露イベントに登壇した。この日は、ミックスで保護犬出身のちえ、柴犬のきぃらも登場した。

 片野ゆか著『北里大学獣医学部 犬部!』(ポプラ社刊)を原案に映画化。青森県十和田市の北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル「犬部」。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての“犬部”の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む。

 超が付くほどの動物好きで、一匹でも多くの命を救うため、どんな状況でも諦めない熱血主人公・花井颯太を演じるのは林遣都。

 この日はちえと一緒に登壇したが、慣れない場所に驚いたのか、突っ走るちえに引っ張られる形で登壇。最初の挨拶も落ち着かないちえだったが、首のあたりを撫でて優しく寄り添うと、落ち着いた様子を見せた。

 林は「なかなかこういう舞台挨拶がなくて」と語り出すと、ちえに向かい「俺の方が緊張してるからな」とほほ笑んだ。ほかの登壇者がトークを繰り広げている間も、ちえと同じ目線までかがみ、安心させようとする林の顔をちえが舐めていた。

 撮影は去年の夏。青森県十和田市でオールロケ。林は「日々こういう姿を見せてくれて幸せを感じていました」と振り返りつつ、久々のオールロケで「気持ちも入っていきますし、動物も東京から移動してきて、どこか披露もあったけど、あのロケーションでどんどん表情が明るくなって。その変化も見て欲しい」

 演じた花井颯太のモデルとなった太田医師については「誰よりも動物を大切する思いが強いと思ったので半端な気持ちだったら嫌な思いにさせてしまうと思い覚悟をもって会いに行きました。動物に対する思いが溢れていて、その方が放つオーラを出さなければいけないと思いました」と明かした。

 改めて「誰かのために自分を犠牲にして、叶えたい事を叶えるために信念をもって進んでいる人はカッコいい。コロナに関わらずくたびれがちで苦しい思いもあるなかで、周囲や人、動物に目を向けて、大切なことに目を向けると気持ちも軽くなると思う。きょう1日、僕は良い1日になりましたが、みなさんにとって良い1日になっていたら嬉しい」と願った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)