(撮影・木村武雄)

 永野芽郁が28日、都内で行われた映画『キネマの神様』(8月6日公開)完成披露試写会に登壇した。

 【写真】若き日のゴウを演じた菅田将暉と淑子を演じた永野芽郁

 “映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語。松竹映画100周年記念映画として製作された。菅田将暉と沢田研二がW主演を務める。

 永野が演じるのは、若き日のゴウ(菅田)が恋する食堂の娘・淑子。現代パートの淑子は宮本信子が演じた。

 撮影で印象に残ったこととして、永野は微笑みながら「撮影の日の朝に、山田監督から『How are you?』と聞いて下さったことです。山田監督の英語を聞けた嬉しさと驚きがありました」と明かした。

 永野も英語で返そうとするも、突然の出来事に敬語が混じり「I’m fineです!」。そんな永野に山田監督は「良かった!」と返したそうだが、当の監督は「言ったっけな?」と照れ笑い。すかさず菅田から「監督言ってましたよ!ドライブのシーンで」と返され、再び笑っていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)