山田洋二監督と菅田将暉

 菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、前田旺志郎、宮本信子、山田洋次監督が28日、都内で行われた映画『キネマの神様』(8月6日公開)完成披露試写会に登壇した。

 “映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語。松竹映画100周年記念映画として製作された。菅田と沢田研二がW主演を務める。沢田は、昨年3月29日に新型コロナによる肺炎で逝去された志村けんさんの代役となる。

 ギャンブル漬けで借金まみれのダメ親父だが映画を愛してやまない主人公のゴウを沢田、ゴウの妻・淑子を宮本、その娘の歩を寺島、ゴウの行きつけの名画座の館主・テラシンは小林稔侍が務める。

 若き日のゴウは菅田、若き日のゴウが恋する食堂の娘・淑子を永野、映写技師・テラシンは野田が演じ、北川はゴウの若き時代の銀幕女優・桂園子。前田はゴウの孫・円山勇太を演じる。

 志村さんが生前参加した本読み会を見学した菅田は、志村さんが演じるゴウを想定して若き日のゴウを演じたといい、「(若き日のパートを)撮り終えた後にこういう状態になって。それからしばらく経って撮影が止まり現代パートはどうなるのかと思っていたら、山田監督が書き直して、それを読んだ時に(こうした事態は)すごく残念なことなんですけど、また1個違うパワーが生まれてくる気がして公開の日が楽しみになりました」。

 更に、沢田が演じたゴウを見て「僕は勝手にどこかで志村さんを感じたというか、僕らの過去パートをご覧になってから演じられたからそれが理由なのかもしれませんが、確実にいろんなものが残っていて、他にない映画になっていると思います」と振り返った。

 また、撮影中に山田監督から映画界が盛んだった当時を話しを聞き「その時間は僕の俳優として財産。その映画が完成して公開できることが嬉しい。(コロナ禍で)100%安心はできないけど期待に応えられる作品になっていると思います」と手応えを口にした。

菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶ、前田旺志郎、宮本信子、山田洋次監督

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)