米山を演じる佐野勇斗

 27日に最終回を迎えたTBS日曜劇場『ドラゴン桜』。視聴率20.4%(※ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得するなど話題を集めた。

 生徒たちの東大受験の裏で繰り広げられた、学園買収劇も大逆転の結末を迎える。前週放送の第9話では、桜木の元教え子でありながら東大受験を失敗したことで自殺未遂を犯した米山(佐野勇斗)と、同じく元教え子の坂本(林遣都)が買収計画に加担していたことや、高原教頭(及川光博)の裏切りが発覚し、桜木らは絶体絶命の危機に陥っていた。

<以下、ネタバレを含みます>

 最終回では久美子(江口のりこ)の理事長退任の条件である東大合格者5人以上はクリアしたものの、学園存続が絶望的に。遂に龍海学園で計画にかかわる者が一同に会し最終対決を迎えた。

 会議室では、久美子が退任、新たに高原が理事に就任するも、米山がモニターに岸本(早霧せいな)らが反対住民を買収する計画や、実際に現金を住民たちに渡す高原の映像を流し、買収派の不正を告発。米山と坂本は初めから桜木の味方で、買収計画について桜木にメールでリークしていたのも坂本たちだったことが判明する。

 米山たちの本来の目的は、2年前桜木を陥れた真犯人・岸本に復讐することだった。2年前、桜木法律事務所を乗っ取るために、桜木を装って米山に攻撃的なメールを大量に送付し、米山が騒動を起こすように仕向けていた。結果的に東大不合格、自殺未遂を起こすと、それに関わる様々な情報をマスコミにリーク、桜木を表舞台から退かせ、計画通り事務所のトップに成り変わった。騒動後、疑問を抱いた米山は坂本を頼りメールの送信元を調べると、岸本であることが発覚。それから二人は桜木を救うために岸本の元に潜み反撃の機会を伺っていた。

 これまでの桜木に対する裏切り行為を暴かれても尚、すべては事務所経営のためにやったことだと悪びれない岸本に、米山の怒りが爆発。激高し、「俺だけじゃなく桜木先生の人生まで狂わせた。言いましたよね、俺はもう止められませんよ。あんたを徹底的に潰すまでは」と岸本に言い放ち、マスコミにこれまでの情報をばら撒くと告げるが、桜木から止められてしまう。

 2年間岸本を潰すことに捧げてきた米山は戸惑うが、桜木から「誰かを陥れて手に入れた成功なんて脆いもんだ」「お前までこいつらを同じ道を歩むな。お前は自分の人生を生きろ」と諭さると、ようやくこれまでの復讐の念から解放された。

 IR事業の担当者も、こんな不正認められない。この素晴らしい学園は残すべきだとして学園買収から手を引くことになり、再び理事の座は久美子に戻ることに。さらに東大専科の評判がネットに一気に広がり問い合わせが殺到。龍海学園の経営も再建された。

米山を演じる佐野勇斗

 これまで終始不穏な表情や言動で桜木を追い込む黒幕説や、岸本をも裏切るWスパイ説など、ネット上で様々な憶測や意見が飛び交った米山だったが、これまでの悲劇や苦悩、桜木への強い想いが露になると「米山、悪者だと思っていたけど実はいい人だったんだ(泣)」、「米山くん偉い!」、「1話から見返したい」、「米山の逆襲!スカッとした」など大きな反響が寄せられた。

 また、佐野の迫真の演技も話題に。それまで穏やかだった米山だが、追い詰める場面で豹変する。「演技うますぎてびっくりした」「インパクトがすごい」と好評。更に林とともに「林遣都くんと、佐野勇斗くんのさ演技が上手すぎてさこういう展開になるとは思わんかった…」「遣都さんと佐野勇斗さん、演技天才すぎません」の驚きと感嘆の声が寄せられた。

 米山を演じた佐野は、7月スタートのTBS日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』に「TOKYO MER」のメンバーの一人として出演することが決まっている。2クール連続での日曜劇場出演となる。もともと俳優として注目を集め、ドラマ『賭ケグルイ双』や『俺たちはあぶなくない ~クールにさぼる刑事たち』など話題作への出演が続く佐野だが医療作品は初挑戦。今回の好演もあり、すでに期待の声があがっている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)