増田有華

 山田孝之が主演するNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督 シーズン2』が全世界同時配信された。シーズン1では、業界のトップに上り詰めた村西とおるだったが、シーズン2からは転落していく様が描かれる。22日に都内で行われたワールドプレミアでは、登壇者が本作への想いや、撮影の裏側を語った。

 【写真】増田有華のインスタグラムには演じた江戸川ローマの姿や撮影現場の写真が掲載されている

 女優・江戸川ローマを演じた増田有華。劇中では体当たりの演技を披露している。25日更新した自身のインスタグラムでは想像以上の反響があり驚いていることを明かしつつ「私も普段は物怖じしない方ですが、現場で怯みそうになった時『大丈夫、やったれ!』と役を通して励まされるようでした」と明かした。

 イベントでも撮影現場で緊張したことを語っていた増田。「ものすごく緊張しました。それと皆さんと馴染めるかも緊張して」。演じたローマは喫煙者という設定ともあって、喫煙所で共演者とコミュニケーションを取っていたという。そのなかで仲良くなったのが、撮影スタッフ・三田村康介を演じた柄本時生。「とりとめのない話をしていました」と振り返った。

 また、オーディションに受かった当時のことも明かした。武正晴監督に対峙しての最終オーディションで「急に関西人やろうと言われて、関西弁でやって。オーディションは1月だったんですけど、終わった後に『良いお年を』と言われて、落ちたと泣いて…」しかし結果は合格。「嬉しかった」と当時を懐かしんだ。合わせて、ローマは関西人の設定になったことも知ったようだ。

 一方、武監督は「『決定』と言おうと思ったけど、違った捉え方されて…」と平謝り。10年日記を書いているという増田は、その1ページに「武監督が嫌い」と書いたが、今では「毎日好きって書いています」と笑った。

 その増田は、先のインスタグラムで、「ローマに出会えて本当に良かったです」と綴っている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)