『唐人街探偵 東京MISSION』公開直前イベントに登壇した妻夫木聡

 妻夫木聡、鈴木保奈美、浅野忠信、三浦友和が24日、都内で行われた、映画『唐人街探偵 東京MISSION』(7月9日公開、チェン・スーチェン監督)公開直前イベントに登壇した。

 【写真】はにかむ妻夫木聡

 日本と中国、タイのキャストが出演する映画(原題=唐人街探案3)。日本からは妻夫木聡をはじめ、長澤まさみ、染谷将太、鈴木保奈美、浅野忠信、三浦友和らが出演する。

 東京を舞台に、中国、日本、タイの探偵が揃い、ヤクザ絡みの密室殺人事件解決のミッションに挑む。

 撮影は横浜中華街だけではなく、新宿歌舞伎町や秋葉原、浜離宮恩賜公園、東京タワー、虎ノ門、更には名古屋や宇都宮、神戸や群馬などで行われた。完成した作品を見て「面白かった」と絶賛する妻夫木は「テンポ感もあり、こんなにも日本で遊んで暴れ回って」と手応え。

 前作にも出演。それを機に中国語を学び、満を持しての本作だったが「中国語を沢山しゃべると思ったら翻訳機を付けていて『あれ』って」と拍子抜け。だが「監督にお願いして、日本語を中国語に変えたところもありました」を明かした。

 撮影のために数億円をかけて渋谷の街を再現させるなど規模の大きさにびっくりしたと口を揃える登壇者。妻夫木も「見たことがない機材が多くて。空港のシーンは2週間撮影しましたが、プログラミング通りにカメラが動いて、人間が動かさないんだって」と驚いたという。

 更に、1日借りるのに数千万円はかかるドローンを使用するも「本編でそんなに使っていなくて」とし、渋谷を再現したセットも含めて「映画のためならいくらでも作るぞという気持ちがすごかった」と振り返った。

 劇中では人気アニメ『聖闘士星矢』のコスプレをして秋葉原を歩くシーンもある。コスプレ自体が「プレイべーとではなかなかやることもないので…」というが、秋葉原も訪れたことがなかったといい「役を通してどういう街が知ることができました。あそこまで堂々と歩けたのは役のお陰です」とはにかんだ。

『唐人街探偵 東京MISSION』公開直前イベントに登壇した左から浅野忠信、妻夫木聡、鈴木保奈美、三浦友和

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)