平手友梨奈

 岡田准一、木村文乃、堤真一、平手友梨奈、安藤政信、山本美月、佐藤二朗、江口カン監督が18日、都内で『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』公開初日舞台挨拶に臨んだ。

 【写真】照れる表情を見せる平手友梨奈

 2019年6月に公開された映画『ザ・ファブル』の最新作。誰も殺さずに最狂の偽善者からワケありの少女を救出するミッションに挑む最強の殺し屋の奮闘を描く。

 共演者から意外な一面があると言われたのは、車椅子の少女・ヒナコを演じる平手。

 伝説の殺し屋・ファブル(岡田准一)の相棒・ヨウコを演じた木村は「撮影中はひざの上に乗ったりするけど、ご飯に行こうと誘うと返信がこなくて」と明かすと、平手は「夜中に見ることが多くて、夜中に返していいのかなって迷って」と遅い理由を明かした。

 現場ではお父さんと慕う岡田からは、この日出演したラジオでのエピソードが明かされた。恥ずかしさを紛らわすために普段は前髪を下ろしているという平手。岡田は「髪を上げて明るくしたほういい」とアドバイスしたという。その平手はそのアドバイス通り、前髪を上げて登壇。岡田は「偉い」と褒めると、恥ずかしがりながら「言うことを聞きました。照れる」とはにかんでいた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)