(C)Godin Media and Warner Bros. (Korea) Inc

 チェ・テジュンと元少女時代のスヨンが共演する韓国ドラマ『だから俺はアンチと結婚した』がAmazon Prime Videoで独占配信中だ。本作は、テジュン演じるトップスターのフジュンと、スヨン演じるフジュンの“アンチファン”イ・グニョンの同棲生活に密着する番組に出演することから恋が始まるラブストーリー。そのテジュンが、K-POPスター役を演じる上で共演者のスヨンと2PMファン・チャンソンの支えがとても大きかったことを明かした。

 テジュンが本作で演じたフジュンは、デビュー6年目でK-POPに新たな歴史を刻む世界的なトップスター。テジュンといえば、医師や弁護士、刑事や検事などのお堅い職業から、俳優やグループ企業の御曹司まで幅広い役柄を演じてきたが、K-POPスターを演じるのはこれが初めて。

 テジュンは、役を演じる上で少し不安があったようで、「僕はダンスと歌があまり得意ではありませんでした。でもK-POPスターはダンスも歌も出来てあたりまえ。だからとても演じることが怖かったです」とオファーを受けた時の意外な胸の内を告白する。

 そんなフジュンを救ったのが、最悪の出会いからフジュンのアンチファンとなり、TV番組の企画で同棲をすることになるイ・グニョンを演じたスヨンと、プロデューサー兼Spigenエンターテイメントの代表で、過去にフジュンと因縁があるチェ・ジェジュンを演じたファン・チャンソン。

 テジュンは、「ステージや練習室のシーンは僕にとって経験のないことなので、とても緊張をしました。でもスヨンとチャンソンが見守っていてくれて、時には冗談を言いに来てくれたりしたので、緊張が解けて本当に助かりました」と、スヨンとチャンソンの2人のお陰で役を演じきれたことを話す。

(C)Godin Media and Warner Bros. (Korea) Inc

(C)Godin Media and Warner Bros. (Korea) Inc

 スヨンは、かつて日本でも絶大な人気を誇った少女時代として活躍し、チャンソンも2PMのメンバーとして現在も活動を続けている。K-POPの世界で活躍してきたスヨンとチャンソンの存在は、テジュンの大きな支えになったようだ。

 2人の支えもあり、テジュンは見事に初のK-POPスター役を自分のものにする。テジュンは、アイドルの華やかな表向きと、実は繊細で純粋な内面を併せ持つフジュンという唯一無二のキャラクターを作り上げた。

 世界約190カ国で配信された本作は、回を追うごとに注目を集め、彼の演じるフジュンもまた人気が高まっている。

 テジュンも自身の役作りに手ごたえを感じているようで、「K-POPスターを演じるというのは、僕にとって大きな意味のあることでした。大きな挑戦になりましたが、撮影を終えると達成感があり、出演して良かったと思いました」と語っている。

 そしていよいよ19日に最終回を迎える本作。フジュンとグニョンはついに心が通じ合い両想いとなるが、過去にフジュンと因縁があるチェ・ジェジュンやフジュンの元恋人オ・イニョン(ハン・ジアン)も巻き込み、最終回まで予測不能な展開が待ち受ける。果たして2人は一体どんな恋の結末を迎えるのか?人気俳優らが集結したロマンティック・コメディ「だから俺はアンチと結婚した」はAmazon Prime Videoで独占配信中(金曜日・土曜日に毎週2話ずつ配信)。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)