ドッキリと知り笑う高杉真宙

 浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵が9日、都内で行われた『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』公開記念舞台挨拶に登壇した。

 河本ほむら氏・原作、尚村透氏・作画の大ヒット漫画『賭ケグルイ』。2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が公開され、大ヒットした。その劇場版第2弾となるのが本作。生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリーとなる。

 主人公・蛇喰夢子役の浜辺美波をはじめ、鈴井涼太役の高杉真宙、早乙女芽亜里役の森川葵、生徒会長・桃喰綺羅莉役の池田エライザが続投。また「賭ケグルイ」シリーズ史上、最も狂気に満ちたキャラクター視鬼神真玄役をジャニーズWESTの藤井流星が演じる。

 高杉はこの日、共演者からドッキリを仕掛けられた。

 事前にファンからSNSで募集した質問に答えるコーナーでは、高杉一人だけが、「メンバーの下の名前を呼び捨てして」、「夢子と視鬼神の名セリフを叫んで」、「賭ケグルイへの想いを叫んで」という無茶ぶり。「なんで?」と戸惑いながらもやってのけた後に、更に追い打ち。実は持っていたマイクはダンベルほどの重さがあるという。

叫ぶ高杉真宙

 仕掛けたのはきょうの登壇者。質問を考案したのは、池田、藤井、森川。そしてダンベルのいたずらを考えたのは浜辺だった。浜辺は「愛くるしいところが見られたら好感度が上がると思って」と茶目っ気を見せた。それを知った藤井は大笑い。「確かにマイク、重いなって」と照れていた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)