高梨臨

 山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督が6日、都内で、映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』(6月25日公開)公開記念イベントに登壇した。

 1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に大きな影響を与え続ける、ロバート・A・ハインライン著の小説『夏への扉』の映画化。

 主演の山崎は、罠にはめられ、すべてを失いながらも、未来を変えるため30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じ、清原は、孤独に生きてきた宗一郎が家族のように大切に想う恩人の娘・璃子、藤木は、30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボットを演じる。また、夏菜は、宗一郎を翻弄する婚約者・白石鈴を務める。

 高梨は、原田泰造が演じる謎の鍵を握る男・佐藤太郎の妻・佐藤みどりを演じる。今回の役どころについては過去に「優しい存在でいられればなと思いながら演じました」とし「時を超えても変わらない想い、壮大なストーリーを皆様に楽しんでいただきたいです」と語っていた。

 そんな高梨は最近、WOWOWプライム『連続ドラマW セイレーンの懺悔』やNHKドラマ10『ディア・ペイシェント』などに出演。7月にはMBS/TBSドラマイズム『サレタガワのブルー』への出演を控えるなど、話題作への出演が続く。本作ではどのような演技を見せるのかも期待されるところだ。

 この日のイベントでは、時空を超えた恋の物語を描く本作にちなみ、東京タワーをピンクのライトで灯す点灯式も行われた。高梨も物語を連想させるピンクのワンピース姿で登壇。爽やかな笑顔を時折みせてイベントに臨んだ。

 トークでは、本作が「ラストに幸せなサプライズが待っている」と謳っていることから、それぞれ周りで起きたサプライズを発表することに。

 「サプライズをするのが好き」という高梨は、コロナ禍で人となかなか会えない状況下では、「誕生日の人にお花やワインを送るのが自分のなかで流行っている」とし「会えないので、その人が喜ぶものはなにかなと思って考えてるのがいい」とし、つい最近もシャンパンを送ったことを明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)