山崎賢人

 山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、高梨臨、三木孝浩監督が6日、都内で、映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』(6月25日公開)公開記念イベントに登壇。本作で主演を務めた山崎は「心が温まる映画です」と思いを述べた。

 1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に大きな影響を与え続ける、ロバート・A・ハインライン著の小説『夏への扉』の映画化。

 山崎は、罠にはめられ、すべてを失いながらも、未来を変えるため30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる。

 コロナ禍で公開が延期となったが、本作のタイトルに夏が含まれることから「6月に公開できるのは逆に良かったと思えるぐらい、やっと公開できることにワクワクしています」と笑顔を見せる山崎。

 本作では、時空を超えて繋がる絆が描かれていることを踏まえ、“胸熱”シーンには、宗一郎が家族のように想う恩人の娘・璃子とのシーンを挙げた山崎。

 「時を超えるからこそ普段の何気ないセリフがカッコよくなる。果耶ちゃんとの2人だけのシーンで『さっきはごめんね』というセリフ。さっきなんですよ。なんて素敵なんだろうって。すごく好きなシーンです」と語った。

 更に、30年後に目覚めた宗一郎の手助けをする人間にそっくりなロボットを演じた藤木とのシーンも挙げた。

 また、本作では「ラストに幸せなサプライズが待っている」とうたっていることから、最近あったサプライズを明かすことになった。

 山崎は、「兄の子供、姪が2歳で、会うとずっと泣かれていたけど、この間会ったら『賢ちゃん』と呼んでくれて。めちゃくちゃ可愛くて嬉しくて、『賢ちゃんだよ』って返しました」と表情を緩ませながら明かした。

 この日は、東京タワーを恋の色、ピンクに点灯する点灯式も行った。山崎の合図でピンクに染まる東京タワー。それを背に山崎は「心が温かくなる映画です」と改めて本作を紹介した。

 なお、この日同席した高梨は、原田泰造が演じる謎の鍵を握る男・佐藤太郎の妻を、夏菜は、宗一郎を翻弄する婚約者を演じる。

ライトアップされた東京タワーを背に

 ※山崎賢人の「崎」は正しくは山へんに立に可。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)