猪野広樹

 荒牧慶彦、植田圭輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、猪野広樹、笹森裕貴、染谷俊之、蒼井翔太が31日、都内で行われた、MBS/TBSドラマイズム枠『REAL⇔FAKE 2nd Stage」1話先行試写・完成披露トークイベントに登壇した。

 2019年9月にMBS/TBSドラマイズム枠で放送され、ミステリー要素と共に舞台俳優トップスターたちの個性あふれるやり取りが楽しめる新感覚ドラマとして話題を集めたオリジナルドラマ『REAL⇔FAKE』。その続編となる『REAL⇔FAKE 2nd Stage』が6月15日からMBS/TBSドラマイズム枠で放送される。

 ドラマ『REAL⇔FAKE 2nd Stage』には、ドラマ1期から、荒牧慶彦、植田圭輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、染谷俊之、蒼井翔太の7人が続投。そして、猪野広樹と笹森裕貴が2期から新たなキャストとして登場する。

 ドラマ2期の物語は、人気アーティスト・朱音(演・蒼井翔太)が突如、クイーンレコードの新社長に就任し、プロデュース業に専念するところからスタートする。朱音は、活動再開させる「Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)」のライバルユニットとして「ASTRA RING(アストラリング)」をデビューさせる。「ASTRA RING」は、かつて牧野凪沙(演・荒牧慶彦)、育田悠輔(演・植田圭輔)と共にアイドルグループ「Fyrklöver(フィルクローバー)」で活動していた、卯野紘希(演・猪野広樹)と稲森弥月(演・笹森裕貴)で構成する。そのStellar CROWNSだが、狙いすましたかのように次々とスキャンダルが巻き起こる。一体、誰が仕組んだ罠なのか。

猪野広樹

 猪野が演じる、卯野紘希は「ASTRA RING」のメンバー。過去に「Fryklover」を組んでいたが、解散後は細々と音楽やタレント活動を行っていた。もともとは情熱溢れ、仲間思いの性格だったが解散の経緯から弥月以外を信用できないでいる役どころだ。

 猪野は、連続ドラマ『ディキータマリモット-オウセンの若者たち-』で主演を務めたほか、数々のドラマや舞台などに出演。6月には主演舞台『池袋ウエストゲートパーク「THE STAGE」』の上演も控える。

 「Stellar CROWNS」のメンバーを演じる面々とは、舞台などで共演経験のある間柄。「仲が良いのがひしひしと伝わってきます」と撮影現場の様子を明かした。「Stellar CROWNS」と「ASTRA RING」とライバル関係になるともあって、猪野は「その仲の良さに一波乱、二波乱を起こして、それがいいカタチで出れば」と意気込んだ。

 一方の卯野の相方、弥月を演じる笹森裕貴は「素敵な先輩とご一緒出来て光栄です」とし、撮影初日から緊張していたが、「猪野さんとタッグを組ませて頂きましたが、心強かったです。いい意味で引っ掻き回せたら」と語った。

 この日は作品名にちなんだ質問が面々に当てられた。「FAKEみたいなREALな話」という設問に猪野は「空から…」とボードに書いた。「疲れると空を見る癖があって、4、5年前、仕事から帰るなかで空を見ていたら隕石が降って来た」と仰天エピソード。

猪野広樹と笹森裕貴

 更に「バチバチといいながら赤いのが燃えて消えて。その後、検索かけたけど一個も出てこなくて」と明かし、最後は「信じるか信じないかはあなた次第」と某番組の決め台詞を使い周囲を笑わせた。そんな猪野に染谷は「よっぽど疲れてたんだね」と言って笑いを誘った。

染谷俊之、蒼井翔太、荒牧慶彦、植田圭輔、佐藤流司、松村龍之介、和田雅成、猪野広樹、笹森裕貴

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)