森川葵

 浜辺美波、高杉真宙、藤井流星(ジャニーズWEST)、池田エライザ、森川葵、miletが27日、都内で『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』特別先行上映舞台挨拶に臨んだ。

 河本ほむら原作、尚村透作画の大ヒット漫画『賭ケグルイ』。2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が公開され、大ヒットした。その劇場版第2弾となるのが本作。

 生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリーとなる。

 早乙女芽亜里役の森川葵は本作で、シリーズ初のミュージカルシーンで歌唱に挑戦した。苦労した点を聞かれ「全部です」と苦笑い。

 「台本を読んだ時にみんな『え? 何これ?』って思ったと思う。衣装合わせの時に監督に『このシーン何ですか?』って。それぐらい困難。なかったリップシーンもあって。『あれ?』『おやおや…?』みたいなことがたくさんありました」と明かした。

 この楽曲をダウンロードして聴いているという藤井、浜辺に、「どのタイミングで聴いてるんですか?」と問い、「ドライヤー中とか…」と笑顔で返す浜辺に「それ、聴いてないでしょ!」とツッコみ笑いを誘った。

 この日は、滾(たぎ)ったシーンをそれぞれ挙げた。高杉は芽亜里の見せ場である「デュエル・ダイス・スタッキングを目の前で見れてよかったです」と語ると、挑戦した森川は「リアルにやりました。この目を出したいと思って合成ではなく出しました」と明かした。

 その森川は「たぎったシーン」として、中川大志演じる討嶋との共演シーンに触れ「全然、台本にないことを急に大志さんがし始めたんですよ。『これ使うの?』と思ったら、メチャメチャ長く使われてた」とし、「監督は、中川大志様が大好きなんですよ。おいしいところ、全部持っていくんですよ、中川さんは…」と笑った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)