(C)「女たち」製作委員会

 篠原ゆき子、倉科カナ出演の映画『女たち』で、サヘル・ローズ演じる物語のキーパーソン、田中マリアムの場面写真が解禁となった。

 山あいの小さな町を舞台に「壊れゆく女たち」の姿を描くオリジナル作品。

 今回解禁となった場面写真は、神妙な面持ちで状況を必死に受け入れようとするマリアムの場面。美咲(篠原ゆき子)の家に「雨宮美咲、死ね」と書かれた手紙が届いた。その時、美咲の毒母・美津子(高畑淳子)のとても親子とは思えない発言に、その場に居合わせたマリアムの表情が曇るのも理解できる。

 もう一点の解禁写真は、美咲の毒母・美津子とマスク姿のマリアムが雰囲気良く会話をする場面。コロナウイルスの観点、そして介護士という立場上、マリアムはマスク着用の義務を気にしているが、美津子はマリアムに気を許しており、「暑いでしょ、マリアムさんコロナじゃないんだからマスク外しなさいよ。熱中症になっちゃうわよ。」と優しく投げかける。

(C)「女たち」製作委員会

 マリアムという存在は、美咲と美津子の仲を取り持ち、ギリギリの線でつながっている家族を復縁させるという、最も重要な役割を持っており、物語のキーパーソンといっても過言ではない。

 サヘルは「本作を観ると、女性が持っている物語、傷ついた心、熱い魂を登場人物1人1人から感じ取ることが出来ると思うんです。登場人物それぞれに思いを寄せることが出来る作品となっていますので、ぜひみなさんにも【あなたに合う女】を探してみてほしいと思っています。また、今回ホームヘルパー役を演じたんですけど、介護をしている方々の想い、どういった気持ちで向き合っているのかなど、とても勉強になりました。愛が詰まっている作品となっています。ぜひ、女たちの生きざまをご覧ください」と熱く語っている。

 そんなサヘルはコメント力も絶賛されており、フジテレビ「ノンストップ!」にレギュラー出演、本作以外にも2月26日公開『ターコイズの空の下で』に出演と多面で活躍を広げている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)