広瀬すず

 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、南野陽子、柳葉敏郎、みなみらんぼう、泉谷しげる、田中泯が22日、都内で行われた映画『いのちの停車場』公開記念舞台挨拶に出席した。この日は成島出監督、原作の南杏子氏も登壇した。

 現役医師でもある異色作家の作家・南杏子氏の小説が原作。金沢の在宅医療専門の「まほろば診療所」を舞台に、「在宅医療」に携わる医者・患者そしてのその家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”、家族たちの願いを描く。

 吉永演じる主人公の白石咲和子を支える医療スタッフの一人、星野麻世役を演じた広瀬すず。南野陽子演じる若林祐子の娘で、小児がんを患った萌ちゃん(演・佐々木みゆ)と向き合うシーンがある。麻世が患者と深く関わっていく場面でもる。

 成島監督は過去に、松坂と広瀬は演じるにあたり、萌ちゃんの存在が大きかったとし、広瀬が麻世になった瞬間があったと明かしている。

 広瀬は「いろんなものを感じながら撮影しました。(リビングで泣いている萌ちゃんの母・)南野さんを見たときに看護士として堪えないといけないけど、でも苦しくて。その苦しさは役としてどう受け入れるのが難しいと感じたぐらい苦しかったです」と振り返った。

 命をテーマにした本作。広瀬は「お宅に訪問して治療していく社会は聞いたことがありましたが、寄り添い方はこんなにも違う世界なんだと役作りする上で思いました。その家族の形や幸せな日常を作るための味方がいることが大切だと思った」と思いを述べた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)