広瀬すず、吉永小百合、松坂桃李

 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、南野陽子、柳葉敏郎、みなみらんぼう、泉谷しげる、田中泯が22日、都内で行われた映画『いのちの停車場』公開記念舞台挨拶に出席した。この日は成島出監督、原作の南杏子氏も登壇した。

 現役医師でもある異色作家の作家・南杏子氏の小説が原作。金沢の在宅医療専門の「まほろば診療所」を舞台に、「在宅医療」に携わる医者・患者そしてのその家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”、家族たちの願いを描く。

 命をテーマにした本作。それぞれが思いを語った。

 主人公の白石咲和子を演じる吉永。南氏の言葉を引き合いに「生き切るということを心に留めておかないといけない。一日一日を生き切ることが大切。それが出来れば自分は幸せだと思えると思う。大変な時代だけど頑張りましょう」と呼びかけた。

 咲和子を支える医療スタッフの野呂聖二役を演じたのは松坂桃李、同じく星野麻世役は広瀬すずが演じた。

 松坂は「体を治そうだけが全てではない。それぞれに幸せの形があって、日々がある。その小さな日々の積み重ねが命のしまい方に繋がるんだろうなと。自分も命のしまい方を考えさせられました」

 広瀬は「お宅に訪問して治療していく社会は聞いたことがありましたが、寄り添い方はこんなにも違う世界なんだと役作りする上で思いました。その家族の形や幸せな日常を作るための味方がいることが大切だと思った」

 「まほろば診療所」院長の仙川徹を演じた西田は「ミャンマーでは同胞から撃たれ、太平洋戦争では原爆を落とされ消された。東日本大震災では津波にさらわれた。自然死を迎えることは本当に幸せな事だと思う。私も幸せな死に方を模索しているが生き切ることが大事。与えられたことを一生懸命やっていくそれしかなさそうだと思う」と語った。

吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、南野陽子、柳葉敏郎、みなみらんぼう、泉谷しげる、田中泯、成島出監督、南杏子氏

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)