サインの様子を眺める有村架純、佐藤健

 佐藤健、有村架純、江口洋介が17日、都内で、映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(大友啓史監督、6月4公開)10thアニバーサリーイベントに臨んだ。

 【写真】有村架純をエスコートする佐藤健

 2部作連続公開となる映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning 』で10年の壮大な歴史に幕を閉じる。『The Final』は現在公開中で、グランドフィナーレを描く『The Beginning』は6月4日に公開される。

 幕末を描いた『The Beginning』は、シリーズ最後になるものの時系列では1作目の前の物語が描かれるとともに、剣心の頬に刻まれた“十字傷”の謎が明かされる。

 かつて剣心の妻であった雪代巴を演じる有村は「一つ一つ丁寧に見落とすことなく考えながら紡ぐことが出来ました」。約1カ月半の撮影は「とても長く感じましたが、あっという間に終わって、夢のなかみたいな不思議な感覚でした」と振り返ると、佐藤も「僕もそう。我々は同じ夢の中にいたのかも。ふわふわと不思議な感覚」と同調した。

 本作は、究極のアクションでありながらも、剣心と巴の究極のラブストーリーでもあることから、話題は佐藤と有村はそれぞれどういう存在だったか。

 佐藤は、有村を「巴ぐらいミステリアス。本当に心の奥底で何を考えているのか分からない。何か隠し持っているのではないかと思わせるような、もっと知りたいと思わせるような人」と語った。

 対する有村は、佐藤を「現場で一緒にいて心強い。身を委ねられました」と明かすも、佐藤からは「委ねてたの?」と疑問を投げかけられ、「剣心さんに気持ちを寄せてこの1カ月過ごしていました。伝わってなかったのかな?」と返した。

 これを受け佐藤は、有村に向けて「セリフ間違ったことないよね。どんなに長いセリフも最初から間違いがない」とし、有村が佐藤に「身を委ねた」と話したことを引き合いに「めちゃくちゃ一人でちゃんと立っていたよ」と返して笑いを誘った。

大友啓史監督、有村架純、佐藤健、江口洋介

 終盤では趣向を変え、それぞれの究極の出会いを明かすことに。佐藤が「るろ剣ファミリー」と明かすなかで、有村は「お寿司!」。「お寿司が世界で一番大好き。作品を走り切った後、やり切った後に食べています」と明かすと、佐藤から「『The Beginning』は?」と質問され、「食べました」と回答した。

 改めて有村は「この10年間、皆様が命をかけて撮影されて、皆様に届けて下さいました。皆様と共に一緒に挑戦させて頂きたいという強い覚悟を持って参加しました。皆様に届くのは私個人としては緊張するけど、見届けて頂けたら」とメッセージを送った。

 この日のオープニングでは、佐藤にエスコートされ登場した有村。イベント終業後にカメラにサインを入れる際には、先に書いている江口を遠くから様子を眺め談笑するなど、劇中の剣心と巴さながらに仲睦まじいと感じられる場面が何度もあった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)