北村匠海

 北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮、英勉監督が10日、都内で行われた、映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)公開イベント『おうちでプレミアムナイト』に出席した。

 累計発行部数1000万部を超える和久井健さん人気コミックス『東京卍リベンジャーズ』を実写映画化。人生にリベンジするため過去に戻るたびに成長を遂げていく主人公タケミチとその仲間たちとの絆を描く。

 コロナ禍で撮影中断を余儀なくされたがようやく完成までにこぎつけた。主演で主人公のタケミチを演じた北村は「常にリベンジする気持ちで臨んできました」とし、「こういう世の中でこの作品を世に出せることが幸せ」と喜びを噛みしめるように語った。

 最後の挨拶でも北村は「このような状況下で映画や音楽、いろんなエンターテインメントがどうしても最後になってしまう。それは仕方がない事ですが、でも止めないようにしたい。少しでも熱い思いや色んな感情、色んな時間を提供したいという思いで作ってきました」と熱弁。

 更に「いろんな要素があって沢山のクライマックスがある濃厚な作品になっています。この世の中に熱量を届けて、この映画を見て少しでも明日を楽しく思ってもらえたら嬉しい」と思いを伝えた。

 この日は、キャストそれぞれのお気に入りのシーンを挙げた。吉沢が挙げたのは「タケミチとキヨマサの最後のタイマン」。「2人のタイマンは泥臭くてそれがかっこいい」。

 同じシーンを挙げた磯村は、北村とは公私ともに仲が良く、タケミチの同級生・アッくんを演じている。「自粛期間で撮影が中断したり、その時の匠海の精神状態を知っていたので、かなり熱いシーンになっている」と明かした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)