高畑充希、菅野美穂、尾野真千子

 菅野美穂、高畑充希、尾野真千子が5日、都内で映画『明日の食卓』(瀬々敬久監督、5月28日公開)完成報告会に臨んだ。母役を演じた3人。この日はその子供たちを演じた柴崎楓雅、外川燎、阿久津慶人も登壇した。

 椰月美智子氏の同名小説が原作。子を持つ親なら直面するであろう問題をリアルに描く。

 主演を務める菅野美穂は10年ぶりの映画主演となる。「もうそんなに時間が経ってしまったんだと、10個歳を取りました。その間に子供も生まれて」と笑顔を見せる菅野は本作で、フリーライターで2人の息子を育てる留美子役を演じる。やんちゃ盛りの息子たちを育てながら仕事復帰を目指す母親という役どころだ。「原作も読み、これは世の中のお母さんにも重なる役だと思いました」。

 コロナ禍で映画化の企画自体がなくなるのではないかと不安もあった。しかし、緊急事態宣下で子供と向き合う時間にも恵まれ、それらを経てからクランクインという流れも、本作に「運命的なものを感じた」理由だという。

 劇中では子供を叱る場面もある。私生活でも子供を叱ることがあり「子供を怒らないといけないという感情は切っても切り離せない」と共感する感情ではあるものの、撮影になるとその感情が離れてしまう瞬間があったといい「自分の経験が活かせていないという気持ちもあった」と難しい芝居だったを振り返った。

 一方、若くして母となり、シングルマザーとして働きづめの中息子を育てる加奈役を演じた高畑充希は、実生活では未経験の役柄に「全てが手探りでした」。

 年下の夫と優等生の息子に囲まれ、一見なに不自由なく幸せを手に入れているように見えるあすみ役を演じた尾野真千子も同様に「経験したことがないことばかり。でも人生の予行練習の気持ちで楽しみました」と語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)