(c)2021「キネマの神様」製作委員会

 菅田将暉とRADWIMPS野田洋次郎が映画『キネマの神様』(8月6日公開)の主題歌で初タッグを組んだ。主人公ゴウ役の菅田、盟友テラシン役の野田が「RADWIMPS feat.菅田将暉」として同映画の主題歌「うたかた歌」を歌唱する。その主題歌「うたかた歌」が入った最新予告映像が初解禁された。

 野田が作詞作曲、菅田がゲストボーカルを務め、劇中のゴウとテラシンの役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされている本楽曲。元々は主題歌と意識して制作した楽曲ではなく、野田が作品への愛情とリスペクトを込めて「監督にこのデモをお渡しください」と贈ったものだったという。

 野田からデモを受け取った映画のプロデューサーが曲に感銘を受け、「過去と現代、現実と虚構、そして天国を繋ぐこの特別な曲を、ゴウとテラシンを演じた菅田さんと野田さんに歌ってもらい、主題歌とすることで映画が完成すると確信した」と、主題歌に決定。

 彼らの強い想いが詰まった「うたかた歌」の音源入りの最新予告映像では、野田と菅田が切なくも力強く歌い上げるノスタルジックなメロディーにのせられて、かつて恋に胸焦がれたゴウと淑子の過去から夫婦となった現在にかけて築かれていくゴウと淑子の深い愛が映し出されている。映画への夢を諦め、迷惑ばかりかけて後悔しているゴウと、いつもそばで支え、真摯にゴウを愛し続ける淑子。壊れかけた家族の関係も、諦めてしまった夢も、何度だってやり直せる――。

 様々な困難が降りかかっても決して諦めず、多くの人の想いが繋がり完成した本作
とも重なるように、“映画の神様”を信じ続けたゴウや淑子、その家族や友人たちに一体どんな奇跡が待ち受けているのか。

 本作に対して「あの世界が音としてもこの世にずっと残っていってほしい」という野田の願いが込められた主題歌は、今回の予告のほか映画のエンドロールでも流れる。撮影の中で生まれた言葉の断片が散りばめられ、映画の登場人物たち、そして志村けんさんの顔が自然と浮かび、彼らへの想いを馳せながら温かく包まれるような、哀愁と希望に満ち溢れたこの曲を聴きながらのエンドロールは、しみじみと心打たれることだろう。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)