『暴き屋~他人の秘密、暴きます~』

 大谷亮平・石田ニコル・松井愛莉らが出演する新感覚イヤードラマ『暴き屋~他人の秘密、暴きます~』と『ASMガール』が、音声版サブスクリプションサービス『NUMA』に登場する。

 今年4月1日にオープンした配信サイト「NUMA(ヌーマ)」は、映像サブスクリプションサービスの“音声版”。

 NUMAでは、桑田佳祐が作詞・作曲し、坂本冬美が歌唱する楽曲『ブッダのように私は死んだ』を歌詞の世界観に沿ってイヤードラマ化し、木村多江が主演を務める楽曲と同名の作品『ブッダのように私は死んだ』(特別編集版)や、神木隆之介が一人7役を声だけで表現するという超絶技巧が聴けるドラマ『300年後の日本昔ばなしリーマン太郎』、音尾琢真、板谷由夏がタッグを組んだラヴストーリ-『あいつとこいつ』などがラインアップされている。

 今回2作品が公開される。

 1つ目の作品は、『暴き屋~他人の秘密、暴きます~』

 今作は、NHK2021年大河ドラマ「青天を衝け」や、現在放送中のNTV水曜ドラマ「恋はDeepに」に出演する俳優、大谷亮平が主演を務める、人間の本性を暴く「暴き屋」という仕事をしている男の話である。

 役者の道を諦め、劇団で培った演技のスキルを活かして「暴き屋」として生計を立てている、主人公の大谷壮(大谷亮平)が、ときには魅力的な“火遊び”の相手となってターゲットを翻弄し、またあるときは鼻持ちならない堅物に扮して、人の “隠された秘密” を巧みにあぶり出していく、新感覚痛快イヤードラマ。

 大谷亮平演じる、売れない役者として酸いも甘いも噛み分けた「暴き屋」にかかれば、どんな秘密も解かれてしまう…!

 そんな「暴き屋」に翻弄されていく人々を演じるのは、ブロードウェイ・ミュージカル「IN THE HEIGHTS」にて好演する石田ニコルや、月9ドラマ「監察医 朝顔」で女性刑事役が話題となった坂ノ上茜をはじめ、個性派俳優きづきや、現在公開中となっている話題の映画「砕け散るところを⾒せてあげる」出演中の松井愛莉、演技派女優の加藤貴子、若手注目女優の宮下かな子といった、実力派俳優陣。

 次々と展開されていくどんでん返しには、思わず「え!?まさか!?」と耳を疑い、主人公大谷の行動に隠される真実に、思わず「やられた」と思うことだろう。

 そしてもう1作品は、『ASMガール』。

『ASMガール』

 その音を聴くだけで、頭や背筋がゾクゾクして気持ちがよくなる「ASMR」。最近では、咀嚼音などをはじめ、YouTubeや、TikTokなど、各種SNSでその「音」の心地良さが話題となり、多種多様な動画が作られている中、ついに、NUMAにも「ASMRモノ」が登場。

 ゴルフクラブの爽快なインパクト音から、皿洗いの小気味よい音まで。各エピソードの主人公は、そんなASMRに夢中な、それぞれクセがすごい、特殊な趣味嗜好を持った女性たち=ASMガール。そんな超現代的な好みをもつASMガールを演じるのは、今をときめく、個性的な女優陣。

 松井愛莉、石田ニコル、坂ノ上茜に加え、Ray専属モデルで人気急上昇中の中村里帆の4人だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)