(C)2020「くれなずめ」製作委員会

 成田凌が主演する映画『くれなずめ』(松居大悟監督、4月29日公開)のメイキング映像が解禁となった。アラサー男子6人が赤フンダンスを練習するシーンの撮影前のリハの様子が収められている。

 【動画】和やか撮影前リハ映像

 高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、友人の結婚披露宴で余興(赤フンダンス!)をやるべく5年ぶりに集まった。久しぶりに出会った彼らは、その余興の後、“披露宴”と“二次会”の間の妙に長い“狭間”の時間を持て余しながら、昔の思い出に想いを馳せる。

 「しかし吉尾(成田)、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」そう、ぼくたちは認めなかった。友人がある日突然、死んでしまったことをー。この微妙な“狭間”の時間に起こる出来事は見るものの予想を超えていく。

 かつて松居監督自身の実体験をモチーフに書かれた完全オリジナルの舞台劇を、錚々たるメンバーと共に映画化する。

 映像は、“6人が公園で赤フンダンスを練習するシーン”のリハの様子を捉えたもの。ダンスに関しては「ほぼ未経験」だったというキャスト陣。“誰が一番下手か”で盛り上がり、スタッフ曰く「最終的には、高良さんと若葉さん、どっちが下手かで争ってた」という、まるで劇中シーンと同じ関係性を象徴するような和やかで楽しさ満開のシーンとなっている。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)