(c)2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会

 沢口靖子が主演、内藤剛志が共演する映画『科捜研の女 -劇場版-』(9月3日公開)の特報映像が解禁となった。

 【動画】解禁となった『科捜研の女 -劇場版-』特報映像

 1999年の放送開始から、安定的な人気を誇るテレビ朝日の超人気シリーズ『科捜研の女』の劇場版。主人公・榊マリコ(※榊は木偏に神)を演じるのは沢口靖子。長年マリコとバディを組む京都府警の土門薫刑事役は内藤剛志となっている。

 今回発表された特報では、冒頭、「“科学捜査ミステリー”の最高峰 遂にスクリーンへ」と、誰もが知る国民的ドラマが満を辞して映画化されたことを改めて強調し、「世界同時多発不審死事件発生」と画面いっぱいに現れる文字は不穏な物語を暗示する。

 そして、初出しとなる本編映像では、沢口靖子演じる榊マリコ、内藤剛志演じる土門薫をはじめ、若村麻由美演じる風丘早月、風間トオル演じる宇佐見裕也、渡部秀演じる橋口呂太、山本ひかる演じる涌田亜美、石井一彰演じる蒲原勇樹らの頼もしい姿が垣間見られ、映画の完成度の高さを感じさせる。

 さらに、土門・蒲原の眼前で起こる衝撃的な転落死の瞬間や、一面に敷き詰められた銀杏の葉や色とりどりの和傘の上に遺体が横たわる美しく鮮烈なカットも見られ、ミステリーとエンターテインメントが融合した劇場版のスケールの大きな内容を思わせる。

 「この男がすべての鍵を握る」という言葉とともに、最後に一瞬だけ映る謎の男。ある超豪華キャスト演じるこの人物こそが、20年以上の間、250以上の事件に立ち向かってきた「科捜研の女」の歴史の中でも最強の敵となってマリコたちの前に立ちはだかる。

 現代科学では絶対に解き明かせないトリックを操る<シリーズ史上最強の敵>とは何者なのか?史上最大の対決の末にマリコがくだした「最後の決断」とは?特報映像は4月23日から全国の劇場でも見られる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)