永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子

 永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子が21日、都内で映画『地獄の花園』(5月21日公開)完成報告謝罪イベントに臨んだ。

 【動画】ブチギレる永野芽郁『地獄の花園』特報映像

 花園のようにも見える華やかOLたちの職場では実は裏で地獄のような派閥争いが行われている。そんな地獄のような花園の世界を描く。

 劇中で壮絶な乱闘劇を繰り広げる。普通のOLライフに憧れる主人公・直子を演じる永野は「映画とは言え暴言を吐き続け、OLのイメージを大きく変えてしまった」とキャスト、スタッフを代表して“謝罪”。それを合図に登壇者全員が頭を下げた。

 その後、それぞれの役柄に合わせ謝罪していく面々。カリスマヤンキーOL蘭役の広瀬は「OLという仕事が苦手。ケンカが得意で日々悪い奴らと喧嘩していた」、OL達を牛耳る“悪魔の朱里”役の菜々緒は「ロケ中に怒鳴り散らし週刊誌に撮られてしまった」と詫びるも場内は爆笑。

 この“謝罪会見”も本作の醍醐味でもある「壮大なコメディ」(永野)の一環。そうした演出で会場の笑いを誘っていた。

永野芽郁

 なかでも魔王OL涼子を演じた遠藤は女装ではなく女性役。「こんな姿ですみません」と声を張り上げ“謝罪”。「もうすぐ還暦。想像通りいかないもんだなって。でもうれしかった」と本音を明かして笑いを誘っていた。

 演出による謝罪を行った永野はこの日、特攻服姿。ただ劇中では普通のOLで、「こういう格好(特攻服)をしている皆さんに囲まれているだけで自分が普通じゃないと思えて、一人だけ浮いているなかで戦うので、精神の戦いはありました」と振り返った。

 更に「広瀬さんと菜々緒さんとは、初めましてという段階から殴り合いで、普段とは違う距離の詰め方ができたと思う」と笑った。

 改めて、「謝罪から始まりましたけど、映画はとにかく笑顔になれる。ただただ笑っていられる壮大なコメディ。いろんな世代が楽しめる作品がこの時期にお届けできることを嬉しく思います。楽しく見て頂くことが私たちの願いです」と思いを届けた。

遠藤憲一

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)