吉永小百合ら

 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行、成島出監督が14日、都内で行われた映画『いのちの停車場』完成披露試写会に登壇した。

 現役医師でもある異色作家の作家・南杏子さんの小説が原作。金沢の在宅医療専門の「まほろば診療所」を舞台に、「在宅医療」に携わる医者・患者そしてのその家族たちを通して、“いのち”、“愛”、そして“いまを生きていく”、家族たちの願いを丁寧に描き出す。

 吉永小百合演じる主人公の医師・白石咲和子を支える看護師の星野麻世を演じた広瀬すず、医大卒業生の野呂聖二を演じた松坂桃李に、監督が求めたのは「太陽のような存在」。松坂は「吉永さんが月なら、太陽はすずちゃんと僕の2人だと。そうなれるように現場でしっかり努めようと向き合いました」

 一方の広瀬も「太陽のような存在はクランクイン前から言われていたので、ずっと意識していました。麻世はラーメン屋で過去のことを話すシーンがありますが、監督にご指導いただきながら演技しました」と振り返った。

吉永小百合、広瀬すず

松坂桃李、吉永小百合

 また、吉永は2人の印象を「すずちゃんは涼やかで可愛い、桃李さんは素敵。キリンのようにスクスク成長されてかっこいい。そういう2人を毎日見ていて楽しかった」

 「まほろば診療所」の院長・仙川徹を演じた西田は「すずちゃんはのびのび活き活きして、はっきり物事を言うし立派。桃李くんも素晴らしい仕事を続けておられる。大変な作品にお出になっていて、映画界を牽引していると嬉しく思っている」と称えた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)