『#コールドゲーム』で偽装家族の長男・大輝を演じる結木滉星

 俳優・結木滉星が、6月5日スタートの東海テレビ・フジテレビ系『オトナの土ドラ』シリーズ第34弾で羽田美智子が主演する『#コールドゲーム』に出演することが決定した。結木は、身体能力抜群で、女性人気ダントツのイケメン男子でありながらも、裏ではある復讐を企てている偽装家族の息子・木村大輝役を演じる。

 隕石落下の影響で地軸が大きく変動し急激に寒冷化、マイナス45℃の氷河期に突入した地球を舞台にしたサバイバルストーリー。『天地人』『花燃ゆ』(NHK)などの小松江里子氏が原作・脚本を手掛ける完全オリジナル。

 家族を優先する避難所第七支部に辿り着いた前科2犯の天才詐欺師・木村祥子は、夫・息子・娘になりそうな3人の生存者に協力を呼びかけ、家族を“偽装”して生き残りをかけていく。

 木村祥子は、羽田美智子。頭脳明晰な高校生・木村陽菜を久間田琳加、木村家の父・隆はやす(ずん)。そして、木村家の長男・大輝を結木滉星が演じる。

 大輝は、女性人気がダントツで、第七支部内の女性たちから猛烈アプローチを受けまくっている身体能力抜群のイケメン。しかし、裏ではある復讐を企てている偽装家族の息子という役どころだ。

 結木は「二面性の強い役柄だと思ったので、表と裏の顔をうまく使い分けられたらいいなと試行錯誤して、監督ともたくさんコミュニケーションを取りながら演じています」とし「ここまで影のある役を演じたことがなかったので、毎日が新鮮でとてもやり甲斐を感じています」と語っている。

 結木は昨年、TBS日曜劇場『危険なビーナス』にレギュラー出演、TELASA配信『主夫メゾン』で主演を務め、『2021年活躍しそうな俳優ランキング』で1位に選ばれるなど注目されている。

 そんな彼が、偽装家族になってまで復讐を成し遂げたいと密かに思う大輝をどのように演じるのか。表の顔と、笑顔の裏に隠された裏の顔。結木の役者としての新境地にも期待される。

結木滉星:コメント

 オファーを聞いた時、監督の千葉さんとは何度かご一緒したことがありましたが、物語全話を通じてご一緒する機会は今回が初めてだったのですごく楽しみでした。大輝という役もこの物語において大事な存在だったので気が引き締まりました。

 二面性の強い役柄だと思ったので、表と裏の顔をうまく使い分けられたらいいなと試行錯誤して、監督ともたくさんコミュニケーションを取りながら演じています。また、大輝はある復讐のために偽装家族を組んでいるので、その背景を固めていく作業も大切にしています。特に、羽田さん演じる祥子さんはお母さんというより相棒として捉えているので、他の家族に対しての接し方の違いを 個人的に意識して演じています。

 羽田さんはすごく気さくな方で、全ての人に平等に接しているところがとても素敵で印象的です。羽田さんがその場にいるだけで現場が明るくなって常に楽しく撮影できています。ただ、僕のカレンダーをお渡ししたところ、気に入ってくださって何枚かメイク室に貼ってあるのですが、恥ずかしいのでやめて欲しいです(笑)

 ここまで影のある役を演じたことがなかったので、毎日が新鮮でとてもやり甲斐を感じています。最初は”偽装家族”だった家族がどう変化していくのか、それぞれの抱えている問題がどう解消されていくのかを、みなさんに早く見てほしいなと思って います。氷河期化した過酷な環境という設定ですが、笑えるところもあり、一見何気ないシーンでも心に響くようなセリフが散りばめられていて、僕自身も心動くシーンがたくさんありました。是非期待してほしいです。そしてみなさんの期待に応えられるように今後の撮影も全力で取り組みたいと思います。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)