さとうほなみ、水原希子、廣木隆一監督(撮影・冨田味我)

 水原希子、さとうほなみが13日、都内で、Netflix映画『彼女』(4月15日全世界独占配信、廣木隆一監督)配信直前イベントに臨んだ。

 【写真】ステージに向かうさとうほなみと水原希子(全身)

 中村珍さんの『羣青』が原作。同性愛での永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵の逃避行を描く。

 七恵のために人を殺めるレイ。そんな役どころを水原は「かなり想像力が必要な役柄でした。これを演じ切れることができるんだろうかという気持ちに押しつぶされそうになりながらも役者として挑戦してみたいと思いました」。

 一方、自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵。さとうはもともと原作が好きだったと言い、出演が決まり「単純に嬉しかった」。

 2人は互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあう。撮影は順撮りで、水原は「順撮りじゃなかったらどうなっていんだろうと。その瞬間をレイと七恵としてピュアな状態でいることが出来た」

 さとうも「本当にありがたかった。関係性が変化していく過程が順撮りでできたので自然と私にはレイが必要なんだと思う心が多々あった。希子ちゃんがいないと成り立たないというかそういう精神状態だったのは順撮りだったから」

 これに水原は「最後の方は離れられなくなる。役と自分たちの精神状態がリンクして、カメラが回っていない時もずっと一緒にいて、手を繋いだり、カメラが回る直前まで抱き合っていた」と明かし、さとうも「離れられなかった」

 順撮りは廣木監督のこだわりだったといい「ロードムービーなので、前のシーンの感情を思い出して次に繋げていくのは理想の映画作りだと思う。2人は始まりの時の顔と終わりの頃の表情が全然違った」と明かした。

 その後、本編中の印象的なシーンの場面カットがスクリーンに投影され、そのシーンと撮影場所にまつわるエピソードを紹介した。

 ドライブシーンのために普通免許を取得したという水原は「やっぱりお芝居しながら運転するのは難しかった」と回顧すると、助手席にいたさとうは「実はすごく怖かったです」と笑った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)