親子を演じた石井杏奈、堤真一

 中川大志、石井杏奈、矢田亜希子、堤真一、SABU監督が10日、都内で映画『砕け散るところを見せてあげる』公開記念舞台挨拶に臨んだ。

 【写真】中川大志、石井杏奈、矢田亜希子、堤真一、SABU監督集合写真

 竹宮ゆゆこ氏の同名小説を実写化。常識を覆す、衝撃の愛の物語で中川大志と石井杏奈がW主演を務める。“学年一の嫌われ者”と呼ばれて孤立していた一年生の蔵本玻璃を石井杏奈、玻璃をいじめの手から救い出そうとする高校生の濱田清澄を中川大志が演じる。また、清澄の母親役を矢田亜希子、玻璃の父親役を堤真一が務めた。

 久々の再会となったそれぞれの“親子”。堤は娘を演じた石井を「撮影では(役柄として)雰囲気は暗い感じだったけど、こうしてどんどんとお美しくなられて」とほほ笑んだ。

 舞台挨拶では堤のユーモア溢れる振舞いに終始笑っていた石井だが、役としての親子関係は対照的。中川は「微笑ましい会話は現場で観ていないのでホッとします」と言うほど。

 石井も、“父”堤を「撮影の堤さんは(役柄として)別人なので目の前にいたときに本当に怖くて。だから今こうして話せて嬉しいです」とし、中川は「今でもちょっと震えます」とした。

 堤も「そうだね。撮影の時はほとんど話していなかったね。(石井が)すごく集中していて、僕は現場では喋る方ですけど、邪魔しちゃいけないと思って」と振り返った。

堤真一

 ただ、そうした距離感が親子関係構築に役だったようだ。石井は「お父さんと思っていけるけど、一緒に立ってみるとちょっと距離感があって。家族なのに離れているという玻璃の葛藤がリアルで、堤さんとお芝居したときにその矛盾に涙が出そうになりました」と堤に感謝した。

 また、玻璃を演じるにあたっては、「小説を読んだときにこの役がすごく好きだった、好きだからこそ、自分自身に負けたくなかった。いじめられたり、不器用なところはあるけど、玻璃ちゃんから愛を感じて、自分も演じてみんなに愛を与えないとと思って。一番玻璃を愛して、苦しいシーンでも玻璃と一緒に頑張ろうという気持ちを根底に戦っていました」と振り返った。

石井杏奈

 改めて堤は「素敵な映画だと思いました。子供を育てている世代にも見てもらいたい」。石井は「この作品はこれからの人生のなかで私の中のヒーローになると思う。それと同じように皆さんのヒーローになれたら」と語った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)