菅田将暉(撮影・木村武雄)

 菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、山田洋次監督が29日、都内で行われた映画『キネマの神様』(8月6日公開)の完成報告会見に出席した。

 “映画の神様”を信じ続けた男とその家族に起きる奇跡の物語。松竹映画100周年記念映画として製作された。菅田と沢田研二がW主演を務める。

 ギャンブル漬けで借金まみれのダメ親父だが映画を愛してやまない主人公のゴウを沢田、ゴウの妻・淑子を宮本信子、その娘の歩を寺島しのぶ、ゴウの行きつけの名画座の館主・テラシンは小林稔侍が務める。

 若き日のゴウは菅田将暉、若き日のゴウが恋する食堂の娘・淑子を永野芽郁、映写技師・テラシンは野田洋次郎が演じる。

 ゴウを演じる予定だった志村けんさんが昨年3月29日、新型コロナに伴う肺炎で逝去され、志村さんの友人・沢田さんが代役が務めた。

 山田監督は「衣装も決まり、本読みが終わったなかで主役が亡くなるのは体験したことがなく、そうすればいいのかと。その時のことは今でも思い出します」と当時を回顧。「どうなるか不安もありましたが、沢田さんが志村さんとは異なるダメ親父を演じてくれました」と称えた。

 若き日のゴウを演じた菅田は、完成した作品を見て「沢田さんはものすごくパワフルで、僕よりも動いて大暴れしていて。ダメ親父なんだけど、色気もあって人が集まっていく、そんな魅力的なゴウでした」と印象を語った。

 志村さんの逝去、緊急事態宣言発出による撮影延期で公開が延期となった。

 こうして完成報告ができることを主演した菅田は「山田監督作で真ん中に立つとは思ってもいなった。色んなことがあり『完成しました』と言えることが一番の喜び。いろんなことありすぎて思いがたっぷりあって。もう一回り報告会を開いてしゃべりたいぐらい。沢山のメッセージが詰まっている映画館が見るべき映画になっています」と語った。

菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子、山田洋次監督

 この日は、永野芽郁、野田洋次郎、寺島しのぶ、小林稔侍、宮本信子も本作への想いを語った。

 本作が山田組初参加となる永野は「撮影は毎日が緊張でどうしたらいいのかと勉強の連続でした」とするも山田監督からは「とても落ち着いていたような」と明かされ笑顔。ただ撮影現場では「皆さんの想いやかける時間、今まで感じたことがないものを感じられました。一つ一つにかけることの大切さを学びました」

 若き日のテラシンを演じた野田は、試写して「素晴らしかった。小林稔侍さんがテラシンの未来を演じて下さって、テラシンよく頑張ったねという思いでした」と明かし、山田監督は笑みをこぼしうなずいた。

 未来のテラシンを演じた小林は、劇中の野田と似ているとの声があることについて「嬉しいですね」とし、監督のはからいで開いた食事会では「お互いの名前を言っただけで2時間が過ぎちゃいました。その席で以心伝心はあったけど」とし、あるシーンを見て「気持ちの上では僕と同じなんだと思い安心しました」と太鼓判を押した。

 50年ぶりの山田組参加となった宮本は、久々の再会でハグしたことを明かし「最初のシーンは雪のシーン。雪を見たときに映画ってこれ。映画って本当にいいわと感動しました」と振り返った

 山田組初参加の寺島は、オファー当時は仕事が立て込んでいたものの「出たい」と懇願したという。撮影現場では「映画を撮っている実感の仕方が違う。スタッフも含めて山田組という空気を吸えているいるだけで幸せと思い毎日過ごしていました」と振り返った。

若き日を演じた菅田将暉、永野芽郁、野田洋次郎

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)