(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)主演、白石聖共演の映画『胸が鳴るのは君のせい』(6月4日公開)のビジュアルは解禁となった。

 同名コミックが原作。転校生の有馬隼人と、有馬を想い続ける篠原つかさが繰り広げる、親友のように仲が良い友達への“片思い”を描いた青春ラブストーリー。

 主人公の有馬隼人役には本作が初の映画主演となる浮所飛貴。ヒロイン・篠原つかさ役は白石聖が演じる。さらに2人の恋のライバルに板垣瑞生、原菜乃華が務める。

 そして、“胸が鳴る”本ビジュアルが解禁となった。

 高校1年の3学期に転校してきた有馬。つかさは、クールな彼が自分にだけ見せるふとした優しさに惹かれ、2年生の終わりに告白するも、「いい友達だと思っている」とあっさりとフラれてしまう。そして高校最後の一年。林間学校や夏祭りなど青春を彩るイベントを共に過ごしながら、まっすぐに有馬を「スキ」でい続けるつかさ。そんなつかさの思いにふれ、次第に有馬の気持ちにも変化が…。

 今回解禁となったビジュアルは、光あふれる教室でまぶしい笑顔を浮かべる主人公・有馬隼人とヒロインの篠原つかさ。“仲のいい友達”同士の2人が見せる屈託のない笑顔あふれる日常の瞬間が切り取られている。

 肩が触れ合うほど近いのに、有馬にとってつかさは「友達どまり」。自分だけにトクベツな笑顔を見せてくれるけど一歩先に踏み出せない。そんな2人のもどかしくも胸が鳴りやまない日常が感じられる。

 さらに「あたしの全部で、恋をした。」というキャッチコピーも入り、高校最後の一年、すべてをかけて自分の気持ちを届けるつかさのあふれだす思いにも胸が高まる。

 ふたりのもどかしい距離感に思わず“ムズきゅん”させられる。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)