井樫彩監督、山田愛奈、優希美青、井上祐貴、駒木根葵汰(撮影・木村武雄)

 優希美青、井上祐貴、山田愛奈、駒木根葵汰が1日、都内で行われた、映画『NO CALL NO LIFE』(井樫彩監督、3月5日公開)完成披露上映会で舞台挨拶に臨んだ。

 壁井ユカコ氏の同名小説が原作。親からの愛情を知らずに育った主人公の女子高生・有海と、同じ境遇の不良少年・春川の恋模様とともに、二人の距離を縮めるきっかけとなった謎の電話の真相に迫るミステリーラブストーリー。ホリプロ60周年記念作で、優希美青、井上祐貴の“Wユウキ”がW主演する。

 同世代の共演ともあって撮影は「楽しかった」と口を揃えた4人。有海を演じた優希は「撮影はタイトなスケジュールで朝から夜まであり大変だったけど、辛いと思わなかった。現場に行くのが楽しくて、充実していました」

 今回が映画初主演で、春川を演じた井上は、現役高校生との撮影を振り返り「高校生の頃を思い出しながら撮影して、若い方たちと一緒にやれたのは楽しかった」

 同じホリプロ所属で面識はあったものの、同じ作品で深く携わるのは初めて。互いの印象を、優希は「礼儀正しくて真面目な好青年。現場に入ってからも変わらなくて、本当に良い人でした」。

 対する井上は、優希への当初の印象は「物静か」。しかし、現場では明るいムードメーカーだったとし「現場はハードなスケジュールで大変な時間帯や時期もあったと思うけどずっと明るくて、その中心には優希さんがいました。そんな日々で楽しかった」

井上祐貴、駒木根葵汰(撮影・木村武雄)

井樫彩監督、山田愛奈、優希美青(撮影・木村武雄)

 有海の高校の同級生を演じた山田は、同じ同級生役の小西桜子と優希の3人でプリクラを撮るなどカメラが回っていないところでも仲が良かったとし「楽しかった」と振り返った。

 井上とは事務所の後輩の駒木根は、春川の先輩を演じた。井上とは初共演で「仲良く接してくれて嬉しかった。一緒にプリクラ撮りましょう」と笑いながら誘った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)