ポーズを決める松村北斗(撮影・木村武雄)

 松村北斗(SixTONES)、森七菜、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズjr.)が20日、都内で、映画『ライアー×ライアー』(耶雲哉治監督)公開記念舞台挨拶に臨んだ。松村からは感謝のメッセージが送られた。

 松村北斗と森七菜が初共演にしてW主演を飾る本作。松村は女子高生姿の義姉・湊(演・森七菜)を別人のみなだと信じて、ベタ惚れしてしまう透役を演じた。

 本作の主題歌には、SixTONESの楽曲「僕が僕じゃないみたいだ」が起用されている。

 同曲が流れるエンドロールを見て松村は「泣けてくるような、こみ上げてくるものがあって、シーンと曲が相乗効果になっていて、曲もエンドロールに育ててもらっているし、エンドロールも曲に育ててもらっている。2つが共存するものが出来て良かった」と手応え。

 この日も一般観客と一緒に作品を観ていたというが、舞台挨拶があるためエンドロールの途中で退場しなくてはならず「また、映画館で見てみようと思います」

 話題は、透がヤドカリ好き、湊が城好きということにちなんで、自身が熱中していることを明かすことになった。松村が、ファンなら周知の事実として「辛いもの好き」と挙げた。

 「辛いものがめちゃくちゃ好きで、七味唐辛子は10種類ぐらいある。番組で随分としゃべるけど、マニアックすぎて使われないことが関の山。でも一瓶一瓶説明して…困らせてしまう。でも共感してほしいわけではないので、面倒くさいんですよ(笑)」

舞台挨拶に登壇した七五三掛龍也、森七菜、松村北斗、堀田真由、耶雲哉治監督(撮影・木村武雄)

 この日は、松村からキャスト、監督に感謝のメッセージがサプライズで送られた。

 森七菜には「撮影中、チームをひぱってくれてありがとう!本当に尊敬しています。『ライアー×ライアー』だヒットさせましょう」。その理由を「W主演なので一つ一つのブイを担当している」とした

 堀田真由へは「キャラクターもご本人も本当に頼りになりました!一緒に作品を作れて本当によかったー!次はもっと一緒にお芝居しましょう!」。その理由を「演じたキャラクターもあるけど、すごいカッコよかった。姉御気質で時折姉さんと呼んでいて」。

 七五三掛龍也には「同期の2人が一緒に作品を作るってこんなに楽しいのかってすっごい思った!この作品は絶対にしめが必要だ!」。その理由を「全く同じ日の同じ時間のオーディション、しかも隣で踊っていたので特別な思いがあった」。

 これに七五三掛は「同期の北斗が主演する作品に出られて誇りです」と返した。

 監督へは「撮影中たくさん支えられて、撮ってくれるのが耶雲さんで本当に良かったです。映像の美しさに心からほれぼれしました」とメッセージを送った。

 松村は改めて、「嘘をテーマにしているがゆえに、純粋な気持ちや素直な事、いつわりのないものがフィーチャーされています。今の時代に求めている、実は安心できる要素。このご時世だからこそ見て欲しい」と呼びかけた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)