悪魔の朱里として出演が決まった菜々緒(C)2021『地獄の花園』製作委員会

 菜々緒が、永野芽郁主演の映画『地獄の花園』(5月公開)に出演することが決まった。OL達を牛耳る悪魔の朱里役を務める。

 真面目に働き、日本の経済を支えるOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの職場では、実は裏で地獄のような派閥争いが…。地獄のような花園のような世界を描く。

 オリジナル脚本で手掛けるのは、お笑い界の鬼才、向田邦子賞・ギャラクシー受賞のバカリズム。その世界観を唯一無二の映像美で表現するのは、Perfume、サカナクション、星野源のMVを手掛ける関和亮監督。

 これまで「特攻服で暴言を吐く永野芽郁」、「鋭い眼光で威圧する広瀬アリス」が発表されていたが、新たなキャストとして菜々緒の出演が解禁となった。

 菜々緒が演じるのは、永野芽郁演じる直子の会社の開発部に所属する安藤朱里。通称“悪魔の朱里”とOL達から恐れられ、その名を轟かせるのに相応しすぎる度肝を抜くコーンロウと奇抜なメイクが威圧感満載で、会社の一大勢力である安藤一派としてOL達を牛耳っている。

 今回解禁された特別映像では、安藤一派としてOL達を従え、全てを見下すかのように不気味な笑みを浮かべる悪魔の朱里。

 朱里の周りでは喧嘩が日常茶飯事に行われており、鉄拳とドスの効いた罵声で相手に喧嘩を吹っ掛けたり、「てめえ、二度とピラティスできない体にしてやろうかぁ?」とOLならではの挑発をされると「なんでピラティスやってること知ってんだよ!」とコントのような返しで挑発に乗る朱里のシーンなど、「バカリズムワールド」が垣間見える。

 菜々緒本人も「撮影も破茶滅茶で楽しく、完成が待ち遠しくて仕方がありません。ヘアーをコーンロウにしたり、かなりパンチのあるキャラクターに仕上がってます。」と、これまでにない強烈なキャラクターとなっているようだ。

菜々緒:コメント

脚本がバカリズムさんでヤンキーOLのストーリーと聞いただけで絶対面白いと確信しました。

撮影も破茶滅茶で楽しく、完成が待ち遠しくて仕方がありません。

ヘアーをコーンロウにしたり、かなりパンチのあるキャラクターに仕上がってます。

アクションもあり、灼熱の中での撮影でしたが皆で一丸となって頑張りました!!

とにかく笑って楽しめる、かっこよく戦う熱い女性達の作品です。

是非、お楽しみに!!

私の役名「安藤朱里」はアカリではなく、シュリです。

ちなみに私は読み間違えてました...笑

夜露死苦!!

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)