北川景子、中村倫也(撮影・冨田味我)

 北川景子と中村倫也が2日、東京・神田明神で映画『ファーストラヴ』(2月11日公開、堤幸彦監督)公開直前イベントに臨んだ。

 【動画】髪を切るシーンも収められた本編映像

 「動機はそちらで見つけてください」――、アナウンサー志望の女子大生が父親を刺殺するという衝撃的な導入で始まる島本理生による同名小説が原作。北川は、女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る主人公の公認心理師・真壁由紀を演じ、中村は、由紀の義理の弟で由紀と共に事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉を演じる。

 北川は、久しぶりの映画主演で、堤幸彦監督とは初タッグ。更に中村倫也を始め、由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞を演じた窪塚洋介とは初共演。「色んなことが刺激的で新鮮でした」と撮影現場を振り返った。

 印象的なシーンを中村は、迦葉(中村)が由紀(北川)の髪を切るシーンを挙げた。このシーンで北川は30センチ以上髪を切った。髪を切られることで2人の距離が一気に近づいていく重要なシーンだ。

 中村は「髪を切るところは好きでしたね。爽やかで甘酸っぱいけど官能的だったんですよね。日本の映画シーンに残る名シーンになると思う。言い過ぎかもしれないですけど、とても良いシーンができました」。

北川景子、中村倫也(撮影・冨田味我)

 一発勝負のシーンでもあったが、改めて中村は「景ちゃん(北川景子)がこっちを向いて。子供が床屋に行って前を向いてみたいな感じで、それで景ちゃんが笑ったんですよね。それがこの映画に残る名シーンです」と自信。

 北川は「由紀にとって過去のシーンが唯一楽しいところで、私達が幸せだった頃」とし、印象的なシーンを「髪を切ったあとにバスに乗るシーン」と挙げ、「短いカットですが、今まで孤独だった由紀がちょっと心を開いたというか、安心してバスに乗っているシーンが良い」と紹介した。

中村倫也(撮影・冨田味我)

北川景子(撮影・冨田味我)

 なお、124年ぶりに2日が節分ともあり、北川と中村は“除災招福”を祈願した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)