幼少期の写真を横に当時を振り返る香里奈(撮影・冨田味我)

 深川麻衣、高良健吾、香里奈が今月14日に都内で行われた映画『おもいで写眞』(1月29日公開)完成報告会見に出席。作品のテーマにちなんで、それぞれの幼少期の写真を公開した。

 【写真】3歳の頃の深川麻衣

 本作の監督・熊澤尚人氏による同名小説(幻冬舎文庫)が原作。祖母の死がきっかけで故郷で遺影写真の撮り始める主人公・結子の葛藤と成長を描く。

 結子を深川麻衣、結子の幼なじみ一郎を高良健吾、ホームヘルパーの美咲を香里奈が演じる。2019年初夏に富山で撮影された本作。この日の舞台挨拶では撮影や役にどう向き合ったのかが明かされた。

 また結子が、遺影写真を思い出の場所で撮る「おもいで写真」という名前に変えて、100人の遺影写真の撮影を目指すことから、自身の“初出し”のおもいで写真が公開された。

 香里奈は、幼少期の写真。家族で日帰り旅行した時の船での一コマ。「親に写真撮るよと言われて。この頃から写真を撮られるのがすごく嫌いで変な顔を必ずしていて。幼稚園も小学校入学式も変な顔や違う方向を向いていて」と笑いながら当時を振り返った。

 更に「この写真が一番ふざけていたので選びました。カメラを向けられるのが恥ずかしかったんだと思う」と懐かしんだ。

 この写真に高良健吾は「舌かんで、かわいい」、深川麻衣も「めちゃくちゃ可愛いです。写真集みたい、プロの方が撮った画角」と絶賛していた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)