(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会

 北川景子主演映画『ファーストラヴ』(2月11日公開、堤幸彦監督)で、Uruが書き下ろした主題歌「ファーストラヴ」の映画特別映像が完成、動画配信サービス「GYAO!」で解禁となった。

 島本理生による同名小説が原作。主演を務めるのは北川景子。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀を演じる。原作のキャラクター設定に合わせ自らの発案で大胆にも髪の毛を30cm以上カットしたことでも話題になった。さらに由紀の義理の弟で、由紀と共に、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉に中村倫也。父親殺しの容疑者・聖山環菜には芳根京子。そして由紀の夫であり、迦葉の兄・真壁我聞に窪塚洋介。その他、木村佳乃、板尾創路、高岡早紀などの演技派から、石田法嗣、清原翔といった気鋭の若手まで豪華な顔ぶれが集い、迫真の演技で物語をよりリアルにエモーショナルに紡いでいく。

 このほど、映画本編映像で構成された主題歌「ファーストラヴ」映画特別映像が完成。動画配信サービス「GYAO!」にて解禁となった。この特別映像で初めて明かされるシーンも多数収録され、事件を追う公認心理師・由紀(北川景子)と弁護士・迦葉(中村倫也)をはじめ、父親殺しの容疑者となる環菜(芳根京子)、由紀の夫であり迦葉の兄として彼らを見つめる我聞(窪塚洋介)ら実力派俳優陣が見せる息詰まる熱演が映し出されている。

 それぞれが閉じ込めた過去の記憶をと向き合い、事件の真相へとむかっていく物語に、Uruの唯一無二の歌声と紡がれた歌詞がやさしく寄り添い、主題歌と映画の世界観がエモーショナルに交わる展開となっている。映像の終盤「初めて愛を知りました」という歌詞と共に展開する由紀と迦葉の笑顔の意味とは?映画本編への期待の高まる映像となった。

 ドラマ「テセウスの船」の「あなたがいることで」や、映画『罪の声』の「振り子」を手掛け、聞く人を包み込むような歌声と神秘的な存在感で注目を集めているシンガー・Uruは、本作のために書き下ろした珠玉の主題歌「ファーストラヴ」について、「悲しいとか苦しいとか、心の内を言葉に出せずに生きている人も少なくないと思いますが、この映画を観ながら、その中で人は何を求めるのか、「愛」とはなんなのか、この物語のタイトルが『ファーストラヴ』になった理由も考えながら少しずつ言葉を紡いで書いた曲です。曲のタイトルも映画と同じく『ファーストラヴ』にさせて頂きましたが、タイトルを考えるにあたりこれ以外のタイトルが見つからないほどに、私もこの映画に心を重ねました。映画『ファーストラヴ』に捧げる大切な一曲です」と明かしている。

Uru:コメント

Uru

映画を拝見し、たくさん涙が溢れ、心のずっと奥の方にしまっていた何かが疼くような感覚がありました。

主題歌にさせて頂いた『ファーストラヴ』は、深い傷を負って、今までずっとその記憶や経験に囚われて生きてきた人物が、誰かによって少しずつ心を解いていくようなイメージで書きました。

悲しいとか苦しいとか、心の内を言葉に出せずに生きている人も少なくないと思いますが、この映画を観ながら、その中で人は何を求めるのか、「愛」とはなんなのか、この物語のタイトルが『ファーストラヴ』になった理由も考えながら少しずつ言葉を紡いで書いた曲です。

曲のタイトルも映画と同じく『ファーストラヴ』にさせて頂きましたが、タイトルを考えるにあたりこれ以外のタイトルが見つからないほどに、私もこの映画に心を重ねました。映画『ファーストラヴ』に捧げる大切な一曲です。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)