(撮影・冨田味我)

 山田杏奈、山口まゆ、神尾楓珠、倉悠貴、工藤遥、大谷凜香、塚地武雅、FAKYが26日、都内で行われた映画『樹海村』(2月5日公開、清水崇監督)スペシャルイベントに登壇した。

 映画『呪怨』シリーズを生んだ鬼才・清水崇監督による『恐怖の村』シリーズの第2弾。舞台は有名心霊スポット、富士の樹海。「絶対に検索してはいけない」とインターネット上で語り継がれる“コトリバコ”をモチーフに、断ち切れない呪いがもたらす狂気と混沌とした世界が描かれる。

 W主演を務める山田杏奈、山口まゆは、“コトリバコ”に翻弄される姉妹役を演じる。撮影は去年の夏。山田は公開日を控え「いよいよかという気持ちです」と心境を明かした。

 撮影中にきつかったことは何かと聞かれ、山口は「樹海に行くシーンが多くて、足場が悪くて体力的にきつかった」。樹海は有名な心霊スポットだが「夏でしたが、樹海は避暑地で快適でした」と平静だった。

 この日の模様はラインライブで生配信され、視聴者から寄せられた質問に回答した。もし樹海で迷ったらという質問に山口は「どうしよう。道を探して歩き回りますが、叫びます。大きな声で。自給自足できるものを持っていればいいんですけどね」とここでも平静。さすがに塚地から「樹海に留まるつもり?」とツッコまれていた。

 ほか、神尾は樹海でのシーンを振り返り「いつもよりも疲れやすかった」、倉は「樹海の怖さもそうですが、仮設トイレしかなくて暗いし、めっちゃ怖かった」、工藤は「樹海のなかをショートパンツで歩かないといけないのが大変だった」、大谷は「標高が少し高くて酸素が薄くて、疲れているシーンは大変だった」と振り返った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)