森七菜

 松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督が20日、都内で、映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)完成報告イベントに出席した。キャストそれぞれが「オモテの顔」と「ウラの顔」を明かした。

 【写真】イベントに登壇した森七菜(ほか6枚)

 松村北斗と森七菜が初共演にしてW主演を飾る本作。松村は女子高生姿の義姉・湊(演・森七菜)を別人のみなだと信じて、ベタ惚れしてしまう透役を演じた。

 森七菜は、“潔癖症の地味系女子大生・湊”と、“JK&ギャルメイク・みな”の二役を演じた。「頭がごちゃごちゃになりました。今どっちだっけと髪をみて判断して。アドリブがあると頭フル回転でした」と演じ分けの大変さを明かした。

 松村からは森の印象が語られ「共演が決まる前から知っていて共演したいと思いつつも素晴らしいお芝居なので、目の前でされたらお芝居したくないと思うのではないかと。天才の方って素直じゃないというイメージ。でも素直な時が垣間見えた」と、エピソードを続けた。

 それによると、外ロケで晴れて欲しい場面で「晴れさせたいね」と話していたところ、森が「私晴れさせられる」と豪語したという。晴れの儀式を行った30分後にそれまで覆い尽くしていた雲が消えて晴れた。「すごいね!」と盛り上がり、さぞかし誇らしい顔をしているだろうと松村が森を見たところ、太陽を見ながら「あちー」と。「自分から呼んだのに素直だなと思いました」。このエピソードに周囲もホッコリとしていた。

 この日は、物語にちなんで各キャストの「オモテの顔」と「ウラの顔」が明かされた。

 森は「私、表の顔はどういうふうに見られているだろう」と自答すると、周囲から「笑顔」と言われ、うなづき「いつでもスマイルしていますよ、裏でも。それは心掛けています」と明かした。

森七菜

 一方、「シーンによってはめちゃくちゃ無口というか、何も宿っていないように見られる時もある。耶雲哉監督に演出して頂いている時もあまりにも脳みそで考えすぎて脳みそで返事していたと思う。『七菜ちゃん、大丈夫?』と言われたことがあって。『いろんなことを言い過ぎたかな』と言われて反省しました。無の表情をしていたかもしれない」。

 監督からは「いつもスマイルのイメージがある、それは現場でもそう。でもスッと誰も寄せ付けないようなオーラも出す瞬間にあって。『今私考えています』というのをちゃんと出せる、役者として今自分がやるべき時間やタイミングを自分で作れる人だなと思いました」と明かした。

 改めて森は「素敵な原作のある映画。原作の魅力と新しい魅力があります。気軽に見に来て頂けたらそれを良い意味で裏切る満足感が得られると思います。ぜひ観に来てください」とアピールした。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)