弁護士・慶子を演じる北川景子(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

 北川景子が、岡田将生・志尊淳W主演映画『さんかく窓の外側は夜』(1月22日公開)に、平手友梨奈が演じるヒウラエリカに呪われる弁護士・慶子として出演していることが発表された。

 【メイキング映像】北川景子と平手友梨奈が再共演、仲睦まじい撮影現場の様子

 本作は、霊が祓える男・冷川(岡田)と、霊が視える男・三角(志尊)の二人が、“除霊”という特殊能力を使い未解決事件の謎に挑む、新感覚の除霊ミステリー。“呪いを操る女子高生”として、ストーリーの鍵を握るヒロイン・ヒウラエリカ役を平手友梨奈が演じることでも話題の本作だ。

 映画公開を目前に控え、本作に北川景子が出演していることが発表。平手・北川ふたりのシーンの劇中写真も初公開となった。

 北川は、街中を歩いているところを平手演じるヒウラエリカに呼び止められ、エリカから呪いをかけられる弁護士・慶子を演じる。

 北川と平手と言えば、映画『響-HIBIKI-』(2018年)で共演以降今でも交流があるという仲。今回は「呪いをかける・かけられる」というまさかの役どころではあるが、撮影日は再共演を喜び合い、撮影合間には和気藹々と楽しそうに話すふたりの様子も見られた。

 今回メイキング写真に加え公開されたメイキング映像では、1シーンのみの出演である北川が先にクランクアップを迎えると、「終わって欲しくない…」と北川との撮影終了を悲しむ平手の様子も。

 信頼関係のあるふたりが創り出す共演シーンにも注目だ。

再共演となった北川景子と平手友梨奈(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)